FC2ブログ

「清流会」トップページ

清流会トップ


◇平成30年の第35回「清流会」総会・懇親会 が、開催され盛況のうちに終了しました。
 日時:平成30年6月30日(土) 午後5時~7時30分
 会場:アルカディア市ヶ谷・私学会館(千代田区九段北4-2-25/下写真)


 ふるさと本別から、本高校長の近藤浩文先生、同窓会長の方川一郎様、恩師の小林和子先生ら来賓の方々もご参加いただきました。また、遠く北海道や四国からも駆けつけてくださった同窓生もいて、親交を深めることができました、
 関係の方々に、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

私学会館
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

新得高校,閉校記念誌が完成

新得高校1805 (3)
閉校記念掲示=2018年5月撮影

 新得高校の 閉校記念・創立70周年 記念誌が完成 し,10月20日に開かれる閉校記念式典の出席者らに配布されます。
 新得高校は,終戦後まもない1948年に清水高校新得分校として開校し,1952年に新得高校として独立,1965年に道立に移管されました。なお,2017年度から募集を停止しています。

新得高校1708 (13)
新得高校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「新得高校閉校記念誌が完成 新得」 と伝えています。


 【新得】新得高校の閉校記念・創立70周年記念誌が完成した。20日に同校で開かれる閉校記念式典の出席者らに配布する。

 同校は終戦後まもない1948年に清水高校新得分校として開校し,これまでに約5000人の卒業生を社会に輩出してきた。

 記念誌は新得高校閉校記念事業協賛会(竹浦隆会長)が制作。70年間の歩みやPTA,生徒会活動,卒業生名簿などが掲載されている。

-略-

(佐々木健通信員)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月18日9時30分の記事の記事

川柳コンクール,最優秀賞に荒木さんと児玉さん

帯広市翔陽中1605 (4)
帯広市立翔陽中学校=2016年5月撮影

 帯広消費者協会主催の 「第9回消費者川柳コンクール」 で,最優秀賞には小・中学生部門で帯広翔陽中学校3年の荒木壌太さん,学生部門で帯広農業高校2年の児玉一晴さんの作品が選ばれました。

 ◇荒木さんの作品 「硬貨より 取り出しやすい 一千円」
 ◇児玉さんの作品 「乱れ咲く 花火が照らす ゴミの山」

帯広農高1804 (6)
帯広農業高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「最優秀賞に荒木さんと児玉さん 消費者川柳コンクール」 と伝えています。


 帯広消費者協会(丸谷誠会長)主催の「第9回消費者川柳コンクール」で,最優秀賞には小・中学生部門で荒木壌太さん(帯広翔陽中3年),学生部門で児玉一晴さん(帯広農業高校2年)の作品が選ばれた。

 同コンクールは,消費者問題を考え,被害防止の啓発効果を期待して作品を募集。今年は,前年より270点多い620点の応募があった。

 荒木さんの作品は「硬貨より 取り出しやすい 一千円」。選考委員からは,人間の持つ「見え」がテーマで,見えを気にし過ぎて災難に遭う羽目になることを戒める視点も持っていると評価された。

 児玉さんの作品は「乱れ咲く 花火が照らす ゴミの山」。花火の美しさの下,ごみが山のようにたまっていく光景を見つめることで,目に見えない物事をしっかり見極めるという観点が明確に現れていると評された。

(池谷智仁)


-略-



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年10月13日8時30分の記事

星槎国際高校で移動美術展

帯広市民活動1609 (5)
帯広市民活動交流センター=2016年9月撮影

 10月17日,北海道から沖縄まで約5000人が学ぶ 星槎国際高校の 全国移動美術展 が,藤丸8階の帯広市民活動交流センター・市民交流ホールで始まり,全国19地域を巡回・展示します。
 各地の星槎学習センターやキャンパスの生徒たちによる絵画や写真,アニメーションなど70点以上の作品が並びました。

星さ高校1605 (10)
星槎国際高校帯広学習センター=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「全国の在学生の作品を展示 星槎国際高移動美術展」 と伝えています。


 北海道から沖縄まで約5000人が学ぶ星槎国際高校の全国移動美術展が17日,藤丸8階の帯広市民活動交流センター・市民交流ホールで始まった。18日まで。

 生徒が各自の得意分野で活躍できる場を提供する星槎オリンピックの一環。全国19地域を巡回し,作品を展示する。各地の星槎学習センターやキャンパスの生徒たちによる絵画や写真,アニメーションなど70点以上が並ぶ。

 このうち39点は,同校帯広学習センター(森実さとみセンター長)の写真部が出品。同ホールでのみ観覧できる。

-略-

(石川友史)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月17日12時24分の記事の記事

足寄高校の白井さん,弓道で全国出場

帯広の森弓道1508 (4)
帯広の森弓道場=2015年8月撮影

 弓道の第40回道高校選抜北北海道大会の男子個人戦で,足寄高校2年の白井大介さんが優勝し,新人戦としては足寄高校初となる 全国切符を手に しました。
 決勝は1射ずつ矢を放ち,失中者は退場していく「射詰(いづめ)」で競い,白井さんは最後の順番になり,残っていた2人が外した後,3射目を的中させ優勝を決めました。

足寄高校1708 (7)
足寄高校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「足寄高の白井さん 弓道で全国へ 足寄」 と伝えています。


 【足寄】弓道の第40回道高校選抜北北海道大会の男子個人戦で,足寄高校2年の白井大介さん(17)が優勝し,新人戦としては同校初となる全国切符を手にした。「ここまで来たら自分を信じ,他の選手の分まで戦い抜こうと思う」。12月の大会に照準を定めている。

 白井さんは音更共栄中から足寄高へ。「もともと弓道に興味があり,下宿の先輩の勧めもあった」と入部。平日は放課後3時間,土曜日は6時間の練習。「完璧な矢はあるが,長くは続かない。そこをどう調整させるか,楽しくてしょうがない」と魅力を語る。

-略-

 決勝は1射ずつ矢を放ち,失中者は退場していく「射詰(いづめ)」で競い,白井さんは最後の順番に。「これまでの試合は,当てたいという緊張からすぐに放ってしまったが,今回は少しためて射れた」。残っていた2人が外した後,3射目を的中させ優勝を決めた。

-略-

(木村仁根)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月12日18時30分の記事の記事

帯広柏葉高の安士さん,数学検定で金賞

帯広柏葉高1605 (23)
帯広柏葉高校=2018年5月撮影

 第26回実用数学技能検定で,帯広柏葉高校1年の安士勇輝さんが,優秀な成績を収めた合格者に贈られる 「グランプリ金賞」 に輝きました。
 グランプリは満点かつ,記述解答が優秀な受検生に贈られ,3級(中学3年程度)は全国から7人が選ばれました。

 十勝毎日新聞が,「数学検定でグランプリ 帯広柏葉高1年の安士さん」 と伝えています。


 第26回実用数学技能検定(数研)で,帯広柏葉高の安士勇輝さん(1年)=帯広=が優秀な成績を収めた合格者に贈られる「グランプリ金賞」に輝いた。

 グランプリは満点かつ,記述解答が優秀な受検生に贈られ,3級(中学3年程度)は全国から7人が選ばれた。

 安士さんは帯広第八中3年時に3級を受験した。小学1年生から3年生まで帯広市内のステップワールドLL英数教室で算数を学び,数研には10級から挑戦。これまで一度も不合格になることなく,着実に昇級した。

-略-

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月10日10時30分の記事の記事

幕別で第2回新設高校説明会

紅陵高校1609 (5)
江陵高校体育館(左)と校舎=2016年9月撮影

 来年4月に町内に新設される道立高校(仮称・北海道幕別清陵高校)の第2回説明会が9日,江陵高校体育館で開かれ, 制服が初披露 されました。
 説明会には,十勝管内の中学3年生と保護者,関係者ら約250人が出席しました。
 新制服は,スクールカラーの青緑の翡翠(ひすい)色,予定する校名「清陵」のイメージから青色をアクセントに使ったブレザースタイルです。

幕別高校1708 (4)
幕別高校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「新制服お披露目 幕別で新設高校の説明会開かれる」 と伝えています。


 【幕別】来年4月に町内に新設される道立高校(仮称・北海道幕別清陵高校)の第2回説明会が9日,江陵高校体育館で開かれ,制服が初披露された。

 道立新設高校準備委員会(責任者・吉田光利幕別高校長)の主催。管内の中学3年生と保護者,関係者ら約250人が出席。文理探求,福祉,ビジネス,スポーツ&ヘルスの4コースの教育内容をはじめ,学校生活などについて説明した。

 新制服は,スクールカラーの青緑の翡翠(ひすい)色,予定する校名「清陵」のイメージから青色をアクセントに使ったブレザースタイル。

-略-

(折原徹也)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月10日10時28分の記事の記事

白樺学園高と芽室町議会,包括連携協定

芽室役場1508 (1)
芽室町議会(町役場)=2015年8月撮影

 10月12日, 白樺学園高校と芽室町議会の 包括連携協定締結式 が開かれました。
 芽室町議会では若い世代の考えを政策に反映させようと,2016年度から同校の生徒との意見交換会を実施していて,今後,議員や担当教職員が代わっても交流を継続していこうと協定締結を決めました。

白樺学園1508 (9)
白樺学園高校=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「白樺学園高と町議会包括連携協定締結式 芽室」 と伝えています。


 【芽室】白樺学園高校(嶋野幸也校長)と町議会(広瀬重雄議長)の包括連携協定締結式が12日,同校で開かれた。双方の活動の充実に向け,各種事業に取り組んでいくことを確認した。

 町議会では若い世代の考えを政策に反映させようと,2016年度から同校の生徒との意見交換会を実施している。今後,議員や担当教職員が代わっても交流を継続していこうと協定締結を決めた。研修会や学習会など両者の人的・知的資源の交流を通して互いの活動を活性化させていく。

 締結式では嶋野校長と広瀬議長が協定書にサインした。

-略-

(澤村真理子)



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年10月14日10時30分の記事

パン甲子園,清水高校がグランプリ

清水高校1805 (4)
清水高校=2018年5月撮影

 道内の高校生がパン作りを競う「パン甲子園2018 in いわみざわ」が,9月30日,岩見沢市で行われ,4年連続で出場した 清水高校が初のグランプリ に輝きました。
 清水高校は,生産技術系列食品分野3年の佐藤亜依さんと鈴木杏理さん,高倉裕梨さんが出場し,ベトナムで一般的なパン「バインミー」の生地に新得産のそば粉を練り合わせ,新得地鶏や芽室産のダイコン,ニンジンを使ったなますを挟んだパン「新芽バインミー」を作りました。

◆パン甲子園2018審査結果
▽ グランプリ:新芽バインミー 清水高等学校
▽ 準グランプリ:Niseko Style お好み焼きパン ニセコ高等学校
▽ 準グランプリ:もちとろ酒粕くりーむパン 新十津川農業高等学校
▽ アイディア賞:いわベジパン~サルデーニャのカオリ~ 岩見沢緑陵高等学校
▽ 地域賞:計根別羊羹パン~酪農地帯から届ける乳和菓子~ 中標津農業高等学校
▽ 敢闘賞:トゥロジダブレッド 帯広農業高等学校

参考サイト:「パン甲子園 in いわみざわ」の(暫定)公式ホームページ
 http://pankousien.blog.jp/

バインミーW
参考写真:ベトナムのパン「バインミー」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC

 十勝毎日新聞が,「清水高がパン甲子園V 4年連続出場で初の快挙」 と伝えています。


 【清水】道内の高校生がパン作りを競う「パン甲子園2018inいわみざわ」(9月30日,岩見沢市)で,4年連続で出場した清水高校が初のグランプリに輝いた。

 書類による一次審査を通過した全道6校が出場。それぞれ3人1組で岩見沢産の小麦「キタノカオリ」を使ったパン作りで競った。

 清水高校は,生産技術系列食品分野3年の佐藤亜依さんと鈴木杏理さん,高倉裕梨さんが出場。ベトナムで一般的なパン「バインミー」の生地に新得産のそば粉を練り合わせ,新得地鶏や芽室産のダイコン,ニンジンを使ったなますを挟んだパン「新芽バインミー」を作った。佐藤さんと鈴木さんが芽室町,高倉さんは新得町出身であることから,両町の特産品を使用した。

-略-

(那須野唯通信員)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年10月10日8時30分の記事の記事

帯広農業高校,豆乳100%のヨーグルト完成

豆乳w
参考写真:豆乳(ソイミルク)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%86%E4%B9%B3

 帯広農業高校の生徒が商品開発を進めていた 豆乳ヨーグルトが完成 しました。
 豆乳100%で,ビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合し,「豆(まめ)ぐると」と名付けました。
 9月28日,パッケージラベルの貼り付けやPR用のチラシ作りに取り組み,帯広市内のビート資料館で販売しました。

ビート資料館1605
ビート資料館=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「帯広農業高 豆乳100%のヨーグルト「豆グルト」完成」 と伝えています。


 帯広農業高校(二木浩志校長)の生徒が商品開発を進めていた豆乳ヨーグルトが完成した。豆乳100%で,ビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合した。味の改良を重ねた商品は「豆(まめ)ぐると」と名付け,生徒たちは「豆乳嫌いな人でもおいしく食べられる」と話している。

 商品開発は食品科学科地域資源活用班の2・3年生が担当。ヨーグルトをはじめ,商品名,パッケージデザインまで生徒が中心となって仕上げた。

 ヨーグルトはCGC(本社東京)の無調整豆乳を使用。乳製品を一切使用していないことから,乳アレルギーのある人でも食べられる。配合したラフィノースは腸内の善玉菌の餌になり,便通改善などの効果・効能が認められている。ビート1キロ当たり1グラムほどしか含まれていない貴重なオリゴ糖で,今回は日本甜菜製糖(同)が応援。ヨーグルトは1つ100グラムで,うち4グラムのラフィノースが入っている。

 28日にパッケージラベルの貼り付けやPR用のチラシ作りに取り組み,29日に帯広市内のビート資料館で販売した。

-略-

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月9日35時分の記事の記事