「清流会」トップページ

清流会トップ


◇平成28年の第34回「清流会」総会・懇親会 が開催されました。ご協力ありがとうございました。
 日時:平成28年6月25日(土) 午後5時
 会場:ホテル「スクワール麹町」(千代田区)


 詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。
▽ 第34回清流会総会・懇親会1.議事
▽ 第34回清流会総会・懇親会2.会長あいさつ
▽ 第34回清流会総会・懇親会3.来賓あいさつ

◇「清流会」公式ページを移転・リニューアル しました。ご了承ください。なお、FC2カウンターは、2011年5月5日に設置しました。

 平成23年度、本別高校は創立70周年を迎えました。本別高校同窓会のホームページは下記URLをご覧ください。
◇本別高校同窓会
http://www.honbetsu.hokkaido-c.ed.jp/dousoukai/conference2011.html

◇「ふるさと東京本別会公式ページ」 関連のサイトです。ご覧ください。
http://hombetu.exblog.jp/

スポンサーサイト

山菜料理コン,帯広南商の2人が優秀賞

旭川大学W
参考写真:旭川大学短期大学部(旭川大学)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%83%A8

 山菜を使った創作料理の腕を競う 「第3回山菜料理コンクール」 で,帯広南商業高校2年でクッキング部の一森遼可さん,小池菜月さんの考案メニューがそれぞれ 第2席に当たる優秀賞 に輝きました。
 実行委員会は旭川大学短期大学部,星野リゾート・トマム,上川管内占冠村などで構成されています。
 一森さんが考案した料理は「山菜おこわの蕗(ふき)の葉巻き~コロポックルのひとやすみ~」,小池さんのメニューは「山菜ぎゅぎゅっとテリーヌ~ガトー仕立て~」でした。

コロポックル人形W
参考写真:コロポックルの木彫り人形
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB

 十勝毎日新聞が,「山菜料理コン,帯南商クッキング部の2人が優秀賞」 と伝えています。


 山菜を使った創作料理の腕を競う「第3回山菜料理コンクール」(実行委員会主催)で,帯広南商業高校クッキング部の一森遼可さん(2年),小池菜月さん(同)の考案メニューがそれぞれ第2席に当たる優秀賞に輝いた。2人は「これからもいろいろな料理に挑戦したい」と意欲を新たにしている。

 実行委員会は旭川大学短期大学部,星野リゾート・トマム,上川管内占冠村などで構成。今年は全国から96人・119点の応募があり,書類審査を通過した8人・8点が2次審査(3日・占冠村)に進出した。2次審査で調理過程や味,見た目などが総合的に審査され,最優秀賞1点と優秀賞2点が選ばれた。
 一森さんが考案した料理は「山菜おこわの蕗(ふき)の葉巻き~コロポックルのひとやすみ~」。アイヌ伝承の小人「コロポックル」の弁当をイメージし,フキやタケノコ,ワラビを入れたおこわをヤチブキの葉で包み,おかずの卵焼きやフキで彩り豊かに仕上げた。
 小池さんのメニューは「山菜ぎゅぎゅっとテリーヌ~ガトー仕立て~」。テリーヌは下層にワラビ,上層はフキを使用しコンソメで味付けた。
-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月22日9時31分の記事の記事

帯広柏葉高将棋部,全道大会2連覇

将棋w
参考写真:将棋の盤と駒
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%86%E6%A3%8B

 5月25,26日,函館市の函館市民会館を会場にして,第53回全道高校将棋選手権大会が開催されました。
 男子団体戦は24校が出場し,3人一組で,予選はスイス式トーナメント,決勝は上位8校によるトーナメント戦で行われ, 帯広柏葉高校将棋部が 2連覇を達成 し,昨年に続く全国大会出場を決めました。 
 柏葉高校は,予選を全勝で通過した後,決勝トーナメントも危なげなく勝ち進み,決勝でも立命館慶祥高を2勝1敗で破り,栄冠を手にしました。

函館市民会館B1608
函館市民会館=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「帯広柏葉高将棋部 全国へ 全道V2」 と伝えています。


 第53回全道高校将棋選手権大会(道高校文化連盟など主催)の男子団体戦で,帯広柏葉高校将棋部(町竜之介部長,部員16人)が2連覇を果たし,昨年に続く全国大会出場を決めた。8月の本番に向け,メンバーは「昨年(ベスト15)以上の結果を出したい」と意気込んでいる。

 全道大会は5月25,26日に函館市で行われた。男子団体戦は24校が出場し,3人一組で,予選はスイス式トーナメント,決勝は上位8校によるトーナメント形式で勝敗を競った。

 帯広柏葉は今回,昨年も出場した本田涼太さん(3年),井出風人さん(同)に,町部長(2年)を加えてのチームで挑んだ。予選を全勝で通過した後,決勝トーナメントも危なげなく勝ち進み,決勝でも立命館慶祥高(江別市)を2勝1敗で破った。13年ぶりの全道制覇となった昨年に続き,栄冠を手にした。

-略-

 個人戦では同校から,男子個人で幅口謙さん(3年),北村総一朗さん(1年),富樫陸斗さん(同)がベスト8に入った。全国大会は8月3,4日に仙台市で開かれる。


以上引用:十勝毎日新聞ニュース/2017年6月21日 13時57分の記事の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201706/20170621-0026861.php

南広南商高珠算部,3年連続全道優勝

Hライフォート札幌1608
ホテルライフォート札幌=2016年8月撮影

 6月2日,第70回北海道高校珠算・電卓競技大会兼第65回全国高等学校珠算・電卓競技大会北海道予選が,ホテルライフォート札幌で行われ,帯広南商業高校珠算部が,珠算部門・団体総合で優勝し, 3連覇を達成 しました。
 珠算部門・個人総合でも3年の岡部部長が優勝をとげました。
 部員全員が入賞し,団体・個人ともに8月に東京で開催される全国大会への出場を決めました。
 団体は各校の上位成績者3人の総合得点で争われ,帯広南商は1420点で,準優勝校と100点差で優勝を決めました。

帯広南商1605 (5)
帯広南商業高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「南商高珠算部 3年連続全道大会優勝」 と伝えています。


 帯広南商業高校珠算部(岡部孝汰部長,部員5人)が,第70回北海道高校珠算・電卓競技大会(2日,札幌市)の珠算部門・団体総合で優勝し,3連覇を果たした。珠算部門・個人総合でも岡部部長(3年)が優勝。部員全員が入賞し,団体・個人ともに全国大会(8月2日,東京)への出場を決めた。

 珠算部門には全道から6校30人が出場。1人600点満点の問題の合計得点を競った。

 団体は各校の上位成績者3人の総合得点で争われ,同部は1420点と準優勝校と100点差で優勝を決めた。

 個人では岡部部長のほか,優勝,2等に次ぐ3等に林中奈瑠さん(2年),細川ほのかさん(3年),近藤沙都稀さん(2年),次ぐ佳良に木村束彩さん(3年)が入り,全員が上位入賞を果たした。

 3年連続の優勝がかかった大会。岡部部長は「プレッシャーはあった。本番は個人的に手応えがなく,不安だった」と振り返る。

-略-

(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月18日8時56分の記事の記事

帯広調理師専門学校でフルーツカット

帯広調理師学校1408 (2)
帯広調理師専門学校=2014年8月撮影

 6月19日,帯広調理師専門学校で,果物の盛り付けや切り方を競う 「フルーツカットコンクール」 が行われ,学生たちが技術を競いました。
 毎年恒例の校内コンクールで,1班3~4人の全8班が参加しました。

 十勝毎日新聞が,「学生が果物のカット技術競う 帯広調理師専門学校」 と伝えています。


 帯広調理師専門学校(遠藤珠子校長)で19日,果物の盛り付けや切り方を競う「フルーツカットコンクール」が行われ,学生たちが技術を競った。

 毎年恒例の校内コンクール。技術,創造性の向上やチームワークの育成を狙いとする。今回は44期生が班対抗で競い,1班3~4人の全8班が参加した。

 果物はリンゴ,グレープフルーツ,パイナップルを使い,各班が設定したテーマに沿って作品を制作。時間制限や衛生・技術面,実用性などが総合的に評価され,6班の「水辺のほとり~花と城~」が金賞に輝いた。

-略-

(松田亜弓) 


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月19日19時07分の記事の記事

公立高入試,市内普通科3校が裁量問題

三条高1605 (4)
帯広三条高校=2016年5月撮影

 6月17日,道教委は,2018年度公立高校入試で,学力検査と個人調査書の比重などの選抜方法を各校が決める 「学校裁量」の実施内容 を発表しました。
 十勝管内では帯広柏葉高校,帯広三条高校,帯広緑陽高校の普通科3校が学校裁量問題を採用。帯広三条高校など14校で推薦入試を行いまます。

帯広柏葉高1605 (23)
帯広柏葉高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「2018年度管内公立高入試 市内普通科3校が裁量問題」 と伝えています。


 【札幌】道教委は17日,2018年度公立高校入試で,学力検査と個人調査書の比重などの選抜方法を各校が決める「学校裁量」の実施内容を発表した。十勝では帯広柏葉,帯広三条,帯広緑陽の普通科3校が学校裁量問題を採用。帯広三条など14校で推薦入試を行う。

-略-

 学校裁量問題は国語,数学,英語の各教科で応用力重視の問題が一部出題される。十勝管内では09年度から帯広柏葉,14年度から帯広三条,帯広緑陽が採用している。

 管内普通科では,帯広三条,帯広緑陽,音更,芽室,幕別,鹿追,広尾で推薦入試を実施。中高一貫教育で連携型入試を取り入れている鹿追と広尾の推薦入試枠は,同入試の合格内定者を除く30%程度となる。

-略-

(松田亜弓) 


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月17日12時37分の記事の記事

池田高校で,清見坂の花壇整備

サルビア畑W
参考写真:サルビア
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2

 6月13日,池田高校前の町道・清見坂の植樹ますに サルビアの苗植え作業
が,有志の生徒約40人で行われました。
 花壇整備をして,きれいな街づくりと地域貢献への意識を高めようと毎年行っています。

清見坂無題B1408
池田高校前の清見坂=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「町道の花壇整備 池田高の生徒有志」 と伝えています。


 【池田】池田高校(鶴喰優校長)前の町道(清見坂)の植樹ますに花苗を植える作業が13日,同校生徒の有志約40人で行われた。

 花壇整備をして,きれいな街づくりと地域貢献への意識を高めようと毎年行っている。町建設課が200株の赤色と青色の花を咲かせるサルビアの苗を準備。同校の全学年の生活委員を中心に集まった生徒が,延長250メートルに及ぶ町道の両側にミニショベルを使って1株ずつ丁寧に植えた。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月15日11時59分の記事の記事

大樹で,小中高連携「地域未来づくり会議」

大樹高1605 (3)
大樹高校=2016年5月撮影

 6月12日,十勝教育局による 「地域未来づくり会議」 が,大樹高校で開かれました。
 自治体や地域の経済団体,関連機関などの支援を受けながら,小中高校が連携して体系的なキャリア教育に取り組む,道教委の「小中高一貫ふるさとキャリア教育推進事業」の一環で,十勝管内では2015年度から3年間,大樹小,大樹中,大樹高が研究指定校に選ばれています。
 地元への認識を深める授業「大樹学」などに取り組んでいます。

大樹小1605 (4)B
大樹小学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「小中高連携で意見交換 大樹で地域未来づくり会議」 と伝えています。



 【大樹】十勝教育局による「地域未来づくり会議」(小林文雄委員長)が12日,大樹高校で開かれた。

 自治体や地域の経済団体,関連機関などの支援を受けながら,小中高校が連携して体系的なキャリア教育に取り組む,道教委の「小中高一貫ふるさとキャリア教育推進事業」の一環。

 十勝管内では2015年度から3年間,大樹小,大樹中,大樹高が研究指定校に選ばれている。地元への認識を深める授業「大樹学」などを通じて,将来地域を担う人材の育成を目指している。

 今年度1回目のこの日は小中高の校長を含む約20人が参加した。

-略-

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年06月16日16時30分の記事

高文連華道部,生け花ライブ

十勝プラザ1609 (3)
とかちプラザ=2016年9月撮影

 華道部の高文連十勝支部研修交流会が15日,帯広市内のとかちプラザで開かれた。
初の試みとして 「生け込みライブ」 が行われ,参加校の部員全員で作品を作り上げた。
 生け込みライブは,当番校の池田高校が企画し,6校31人が参加しました。
 一人ひとりがくじをひき,いける順番と花器を決定め,一本ずつ順に花を生けました。


池田高校1108 (9)
池田高校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「個性合わせて作品づくり 高文連華道部で生け花ライブ」 と伝えています。


 華道部の高文連十勝支部研修交流会が15日,帯広市内のとかちプラザで開かれた。初の試みとして「生け込みライブ」が行われ,参加校の部員全員で作品を作り上げた。

 6校31人が参加。会場には各部が生けた作品が華やかに飾られ,部員がこだわりや思いを話した。

 生け込みライブは,当番校の池田高が企画した。一人ひとりがくじをひき,いける順番と花器を決定。生徒はナンテンやヒマワリなどの花材を使い,一本ずつ順に生けた。

 生徒は「ここの方がいいかな?」「難しい」などと話しながら作業を進め,2巡して作品が完成。

(松田亜弓)
-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月15日18時22分の記事の記事

鹿追高校で然別湖畔目指し完歩大会

然別湖1508 (13)
然別湖に向かう道道85号=2015年8月撮影

 6月10日,鹿追高校で 春の恒例行事 「第38回然別湖畔完歩大会」 が,開かれました。
 学校から然別湖畔までの26kmを歩き通す限界への挑戦しました。
 やり抜く強い心と身体を作ることを目的に,
 6月恒例の行事で,全校生徒と一般町民約300人が参加し,然別湖畔を目指しました。

然別湖1508 (4)
然別湖畔=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「生徒ら300人が力走 鹿追高・然別湖畔完歩大会」 と伝えています。


 【鹿追】鹿追高校(志知芳彦校長,生徒212人)の恒例「第38回然別湖畔完歩大会」が10日,開かれた。

 学校から然別湖畔までの26キロを歩き通す限界への挑戦。やり抜く強い心と身体を作ることを目的に,毎年行っている。全校生徒と一般町民約300人が参加した。

 開会式で志知校長は「達成した充実感を味わって」とあいさつ。来賓の城石賢一同校PTA会長,大井和行町教育長が激励の言葉を述べた。ラジオ体操をした後,午前9時半に一斉にスタートした。

 参加者は農作物が勢いづく平野部を超え,深緑の中で登りの多い山間部を抜け然別湖畔のゴールを目指した。コースの途中では,PTA関係者が給水や軽食の休憩ポイント設置したり,宮坂建設工業が搬送補助などを協力した。

-略-

(大井基寛通信員) 


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月13日13時41分の記事の記事