本別高校卒業生の活躍の記事 (1/3)

大和田真,ジャパン杯スケート1500m優勝

明治オーバル1401 (8)
明治北海道十勝オーバル=2014年1月撮影

 11月13日,スピードスケートのジャパンカップ第1戦帯広大会初日は,明治北海道十勝オーバルで行われ, 本別高校出身の大和田真選手 が男子1500mに出場し,1分52秒09で優勝しました。
 2位に小川翔也選手(専修大-池田高出),3位に池田崇将選手(専修大-白樺学園高出)が入り,十勝勢が表彰台を独占しました。
 男子10000mは岡田翔選手(帯広工業高)が6位。伊藤貴裕選手(日本大)が制しました。
 大和田選手は,本別町仙美里中学校(2014年3月閉校),本別高校,北翔大学出身で,現在は日本建物管理に所属しています。

 また,女子5000mは高橋菜那選手(山梨学院大-白樺学園高出)が2位に入り、優勝は歸山麻衣選手(JFEエンジニアリング)
でした。
本別高1401 (49)
本別高校=2014年1月撮影


 十勝毎日新聞が,「大和田真1500メートル優勝,ジャパンカップスケート初日」 と伝えています。

 
 スピードスケートのジャパンカップ第1戦帯広大会(日本スケート連盟主催)初日は13日,明治北海道十勝オーバルで行われ,大和田真(日本建物管理-北翔大,本別高出)が男子1500メートルを1分52秒09で制した。2位に小川翔也(専大-池田高出),3位に池田崇将(専大-白樺学園高出)が入り,十勝勢が表彰台を独占した。女子5000メートルは高橋菜那(山梨学院大-白樺学園高出)が2位に入った。優勝は歸山麻衣(JFEエンジニアリング)。男子10000メートルは岡田翔(帯工高)が6位。伊藤貴裕(日大)が制した。
(松村智裕,金野和彦)

◆大和田真,日本建物管理所属後初の大会でV
 これまで帯広連盟名義で活動していた大和田真が,この大会から日本建物管理(本社東京)の所属で出場した。「企業の名前を背負って最初の大会。勝てて正直ほっとした」とレース後は相好を崩した。

 昨シーズンは「ひどい時には靴下をはくこともつらかった」という腰の痛みに加え,結果を残せないことでスポンサーが決まらず,競技に集中できない日々が続いた。新しい所属先は大和田に給料と活動資金を提供。社員ながら競技に専念でき,今後も帯広で練習に取り組めるだけに「こういった環境をつくっていただいてありがたい」と支援に感謝する。

 帯広の森競技会(7,8日)に続く2週連続の1500メートルの優勝にも「滑りがバラバラ。このリンクコンディションなら,もう1,2秒は短縮しないと」と満足していないが,「スケートのみに専念できるのはうれしい」と気持ちは前向きだ。

 企業名の入ったレーシングスーツは今月中に届く予定。「後半戦に照準を合わせ,W杯代表を狙っていきたい」と12月下旬の全日本選手権に向けて,新スーツでガッツポーズをする姿を思い描く。
-略-

【男子】
◇1500メートル(カルテット)
日本記録 中村奨太(ロジネットジャパン)1分44秒99
国内最高 杉森輝大(吉羽木材)1分47秒49
リンク記録 キエルド・ナウス(オランダ)1分45秒97
(1)大和田真(日本建物管理-北翔大,本別高出)1分52秒09
(2)小川翔也(専大-池田高出)1・52・17
(3)池田崇将(専大-白樺学園高出)1・52・93

◇1万メートル(カルテット)
日本記録 小川拓朗(白樺学園高)13分18秒30
国内最高 小川拓朗(abcdrug-白樺学園高出)13分20秒78
リンク記録 イ・スンフン(韓国)13分21秒04
(1)伊藤貴裕(日大)14分1秒45
(2)帰山雄太(水戸開研)14・3・63
(3)黒岩宗一郎(群馬県連盟)14・26・75

【女子】
◇1500メートル(カルテット)
日本記録 田畑真紀(ダイチ)1分54秒28
国内最高 押切美沙紀(富士急-駒大苫小牧高,中札内中出)1分58秒10
リンク記録 イレイン・ブスト(オランダ)1分56秒93
(1)田畑真紀(ダイチ)2分2秒62
(2)松田有幾(アルムシステム)2・3・70
(3)辻本有沙(信州大-白樺学園高出)2・4・94

◇5000メートル(カルテット)
日本記録 石野枝里子(日本電産サンキョー)6分55秒07
国内最高 穂積雅子(ダイチ)7分5秒17
リンク記録 穂積雅子(ダイチ)7分7秒56
(1)歸山麻衣(JFEエンジニアリング)7分20秒52
(2)高橋菜那(山梨学院大-白樺学園高出)7・28・07
(3)山田真以(日体大-帯三条高出)7・31・08


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年11月14日09時32分の記事の記事
スポンサーサイト

帯広三条高・柏葉高OB合同戦初開催 

帯広柏葉高1508 (9)
帯広柏葉高校=2015年8月撮影


 9月27日, 帯広三条高校,帯広柏葉高校OBの「第1回三柏OB戦」 が,柏葉高体育館などで開かれ,野球,サッカーなど7競技で対戦しました。
 これまでは,競技ごとのOB戦はありましたが,合同で行うのは初めてです。
 競技は,他にラグビー,バレーボール,卓球,アイスホッケー,パークゴルフ(PG)が行われ,それぞれが現役時代に負けない熱い戦いを繰り広げながら,旧交を温めました。

帯広三条高1508 (6)
帯広三条高校=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「伝統校の誇り懸け激突 三柏OB合同戦初開催 帯広」 と伝えています。

 
 【帯広】帯広三条,帯広柏葉の両高校OBによる「第1回三柏OB戦」が27日,柏葉高体育館などで開かれた。野球,サッカーなど7競技で雌雄を決した。これまで競技ごとのOB戦はあったが,合同で行うのは初めて。

-略-

 三柏戦伝統の応援合戦では,ウイットに富んだ言葉の応酬。柏葉の見子雄一さん(25期)は挑戦状で,「よくも今まで廃校にならずに生き延びた。現代の化石に驚異の念を禁じ得ない」と,今年で創立100周年を迎える三条を祝福。三条OBでものまね芸人の島田淳史さん(48期)は得意のものまねを披露しつつ,「勝つのは三条だが,負けても思い出には残るので,良い思い出をつくって」と応じた。

 競技は他にラグビー,バレーボール,卓球,アイスホッケー,パークゴルフ(PG)が行われた。それぞれが現役時代に負けない熱い戦いを繰り広げながら,旧交を温めた。

 実行委は来年以降も年1回の恒例行事にしたい考え。


以上引用:十勝毎日新聞ニュース/2015年9月27日 13時53分の記事の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150927-0021907.php

本別・前田農産食品,爆裂種コーンの種まき

前田農産1407
前田農産食品合資会社(本別町)=2014年7月撮影

 本別高校出身の前田芳雄氏が社長を務める前田農産食品が,今年も ポップコーン・爆裂種トウモロコシの栽培 に取り組んでいます。
 4月24~27日,マルチ栽培による種まきが行われました。
 ポップコーンの栽培は「十勝の新たな輪作作物に」と同社が2013年に初めて挑戦を開始したものです。

 私(ブログ作成者)は,先日,前田茂雄社長に電話し,ポップコーン栽培の手応えをお聞きしています。
 前田社長は,2年間にわたり,NHKの『ラジオ深夜便』に出演し,十勝の情報を伝えてきました。十勝の報告は,3月に最終回を終えました。

ポップコーンW
参考写真:ポップコーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3#/media/File:Popcorn02.jpg

 十勝毎日新聞が,「今年もポップコーン栽培 本別・前田農産食品が種まき」 と伝えています。

 【本別】前田農産食品(町弥生町,前田芳雄社長)が今年もポップコーン(爆裂種トウモロコシ)の栽培に取り組んでいる。24~27日,マルチ栽培による種まきが行われた。

 ポップコーンの栽培は「十勝の新たな輪作作物に」と同社が2013年に初めて挑戦。1年目はほとんどが倒伏して失敗したが,14年は種まきの時期を早め,地温の積算温度を高める「マルチ栽培」を導入。倒伏がほとんどなく,成長が早く十分な熟期を確保できたことから作柄も良かった。

 昨年は5月6日に種をまいたが,今年はさらに約2週間ほど時期を早めた。マルチは1カ月程度で土中で分解する特殊フィルム。今年はフィルムの実証実験を行う国の補助事業に採択され,品質特性(分解速度)が異なる2種類のフィルムを使っている。

 25日は同社前の約5ヘクタールの畑で,幅1・2メートルの異なるフィルムを2本取り付けた「フィルムプランター」と呼ばれる特殊車両でマルチを敷いた。

 車両は約4キロの速度でゆっくりと畑の中を走行し,種まきとマルチ被覆,除草効果がある土壌処理剤の散布を同時に処理した。マルチを敷いた土中からは早速水蒸気が上がり,土中の温度が上昇する効果が確認された。

 同社は今年,昨年同様の14ヘクタールで栽培し,560キロの収穫を見込む。昨年収穫したポップコーンは同社の倉庫に貯蔵しており,秋には袋詰めの工場を稼働させて商品化の取り組みを進める。

 昨年はJA本別町青年部が取り組む小学校の食育事業に,収穫したポップコーンを提供。子供たちがフライパンでポップコーン作りを体験した。前田茂雄専務(40)は「冬期間の働き場づくりも含めて,ポップコーンを十勝で定着させたい」と話している。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年04月29日07時00分の記事

本別町,中野教育長を再任

本別町議会 (3)
本別町議会=2010年7月撮影

 高橋正夫町長は,4月23日開かれた町議会臨時会に,任期満了に伴う教育長に 中野博文氏を再任 する人事案を提案し,賛成多数で同意されました。
 中野氏は新教育長制度下での教育長となり,任期は5月12日から3年間です。
 中野氏は,本別高校出身で拓殖大学北海道短期大学(深川市)に進学し,さらに拓殖大学(東京文京区)に編入・卒業しました。

 私(ブログ作成者)は,帰省の折,中野教育長にお会いし,ブログの取材をさせていただいています。児童生徒が減少する中,これからも教育行政に手腕を発揮していただきたいと思います。

 十勝毎日新聞が,「中野教育長の再任に同意 本別町議会」 と伝えています。


 【本別】高橋正夫町長は23日午前10時から開かれた町議会臨時会に、任期満了に伴う教育長に中野博文氏(64)を再任する人事案を提案、賛成多数で同意された。中野氏は新教育長制度下での教育長となる。任期は5月12日から3年間。

 高橋正夫町長が提案理由を説明した後、無記名投票を実施。結果は賛成7票、反対3票、無効1票だった。

 中野教育長は1950年、本別町生まれ。拓殖大学卒。73年に町役場入りし、商工振興室長、地域振興課長、町教委教育次長などを歴任。会計管理者兼出納室長を最後に2011年3月に定年退職後、同5月から教育長。

 中野教育長は「再び教育行政を担う重責に身が引き締まる思い。心新たに誠心誠意努めたい」と抱負を述べた。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年4月23日11時31分の記事

帯広農高ベゴニア,3日販売

球根ベゴニアW
参考写真:球根ベゴニア(加西フラワーセンター)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Begonia_%C3%97_tuberhybrida%E3%80%81_tuberous_begonia_%E7%90%83%E6%A0%B9%E3%83%99%E3%82%B4%E3%83%8B%E3%82%A2_2024880.JPG/640px-Begonia_%C3%97_tuberhybrida%E3%80%81_tuberous_begonia_%E7%90%83%E6%A0%B9%E3%83%99%E3%82%B4%E3%83%8B%E3%82%A2_2024880.JPG

 帯広農業高校で,農業科学科の 生徒が育てた球根ベゴニア が今年も美しい花を咲かせています。
 4月3日から園芸ハウスで販売する予定で,生徒たちは「みんなで育てた球根。長く大切に育ててほしい」とPRしています。
 1・2年生が毎年,授業の一環で育てており,今回のベゴニアは昨年11月に種をまき,専用の鉢に植え替えました。今年は例年より開花が遅く,これから次々と花が咲くということです。

帯広農高 (18)
写真:帯広農高のビニルハウス=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が,「農高ベゴニア 今年も「良質」 3日販売」 と伝えています。


 【帯広】帯広農業高校(岡本幹也校長)で,農業科学科の生徒が育てた球根ベゴニアが今年も美しい花を咲かせている。3日から同校園芸ハウスで販売する予定で,生徒たちは「みんなで育てた球根。長く大切に育ててほしい」とPRしている。

 1・2年生が毎年,授業の一環で育てている。今回のベゴニアは昨年11月に種をまき,専用の鉢に植え替えた。生徒80人が,落ち葉を拾い,腐葉土作りから取り組んだ自信作。約5000株を植え,教諭らが水やりや温度管理に当たってきた。今年は例年より開花が遅く,これから次々と花が咲くという。牧野浩幸君(3年)は「今年も良い品質の花を用意できた。ぜひ来て」と話している。販売会は平日のみで午前10時~午後3時。5月末までの予定だが,なくなり次第終了する


以上引用:十勝毎日新聞ニュース/2015年4月1日 13時50分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150401-0020699.php