十勝管内の専門学校の記事 (1/2)

帯広調理師専門学校,施設へケーキをプレゼント

コムニの里帯広1408 (3)
介護福祉施設「コムニの里おびひろ」=2014年8月撮影

 9月15日,帯広調理師専門学校の生徒30人が,介護福祉施設「コムニの里おびひろ」を訪問しました。
 「敬老の日」にちなみ,施設の利用者34人に手作りの 「抹茶のロールケーキ」をプレゼント しました。

帯広調理師学校1408 (2)
帯広調理師専門学校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「敬老の日を前に施設へロールケーキをプレゼント 帯広調理師専門」 と伝えています。


 ◆帯広調理師専門学校(遠藤珠子校長)の生徒30人が同校近隣の介護福祉施設「コムニの里おびひろ」を訪問

 施設の利用者34人に手作りの「抹茶のロールケーキ」をプレゼントした。

 「敬老の日」にちなみ,毎年行っている。15日は,生徒代表の山口沙亜弥さんが「みんなで一生懸命作りました。美味しく食べてください」とあいさつ。その後,生徒たちは利用者1人ひとりにケーキを配り交流。施設側からも学校にお礼として布巾が贈られた。

-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年09月30日9時30分の記事の記事
スポンサーサイト

帯広高等看護学院で戴帽式

帯高等看護1605 (2)
帯広高等看護学院=2016年5月撮影

 9月29日,帯広高等看護学院で,戴帽式 が行われました。
 入学から半年がたった第48期の1年生46人は,式の後「ナイチンゲール誓詞」を朗読しました。

ナイチンゲールW
参考:フローレンス・ナイチンゲールの肖像
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AB

 十勝毎日新聞が,「仲間と決意新たに 帯広高等看護戴帽式」 と伝えています。


 帯広高等看護学院(菊池英明学院長)で29日,戴帽式が行われた。入学から半年がたった第48期の1年生46人が,これから始まる病院実習へ向けて気持ちを新たにした。

 式では女子にナースキャップ,男子にバッジが授けられ,キャンドルに火をともした後,ナイチンゲール誓詞を朗読した。

-略-

(松村智裕)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年09月30日16時15分の記事の記事

帯広高等看護学院,高校生見学会

帯高等看護1605 (2)
帯広高等看護学院=2016年5月撮影

 7月27日, 帯広高等看護学院で,見学会 が開かれ,管内外の高校生や社会人ら79人が参加しました。
 参加者は学院内を見学し,血圧測定や赤ちゃんそっくりの人形を抱くなど実習を体験しました。

乳児W
参考写真:眠っている赤ちゃん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

 十勝毎日新聞が,「高校生実習体験 帯広高等看護学院見学会」 と伝えています。


 帯広高等看護学院(菊池英明学院長,学生135人)で7月27日,見学会が開かれ,管内外の高校生や社会人ら79人が参加した。

 見学会は2005年から毎年開催。午前と午後の部に分け,それぞれ1時間半ほど行った。

 午前の部では,岸田真弓副学院長が「看護の魅力を見て,感じてほしい」とあいさつ。学院の沿革や授業内容が説明され,学生3人が魅力や体験談を語った。

 参加者は学院内を見学し,血圧測定や赤ちゃんそっくりの人形を抱くなど実習を体験。正常時と異常時の肺や腹部の音の違い,瞳孔反射なども学んだ。

-略-

(松村智裕)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年08月07日7時30分の記事の記事

調理師専門学校で氷の彫刻

帯広調理師学校1408 (4)
帯広調理師専門学校=2014年8月撮影

  7月19日,帯広調理師専門学校で,夏の恒例授業 「氷の彫刻講習」 が開かれました。
 学生はひんやりとした氷に涼を感じながら,思い思いの作品に仕上げました。

帯広調理師学校1408 (6)
帯広調理師専門学校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「調理師専門学校で氷の彫刻づくり」 と伝えています。


 帯広調理師専門学校で19日,夏の恒例授業「氷の彫刻講習」が開かれた。学生はひんやりとした氷に涼を感じながら,思い思いの作品に仕上げた。

 日本氷彫刻会帯広支部の協力の下,馬渕善範支部長ら3人が講師を務めた。

 65キロの氷を3つ用意し,一人ひとり氷のグラス,お皿作りに挑戦。電動ドリルやのみを使って削っていき,生徒は「手が冷たい」と言いながらも楽しそうに作業を進めた。

-略-

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年07月31日10時30分の記事の記事

コア専門学校で,能楽師塩津さんが講演会

般若の面W
参考写真:女面「般若」東京国立博物館蔵
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E9%9D%A2

 7月22日,能楽師の塩津圭介さんが,帯広市内の帯広コア専門学校で学生らを対象に「決して難しくない! 能の世界」をテーマに 特別講演 が行われました。
 この日に開かれたオープンキャンパスの一環で,学生や見学者など約50人が参加しました。
 般若(はんにゃ)の能面は,部分によって多彩な表情が見えることを挙げ,「自分がしたいと思うことに挑戦していってほしい」と,若者にエールを送りました。

帯コア専門校1605 (1)
帯広コア専門学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「若者へエール 能楽師塩津さんがコア専門学校で講演会」 と伝えています。


 能楽師の塩津圭介さんが22日,帯広市内の帯広コア専門学校(神山恵美子理事長)で学生らを対象に特別講演「決して難しくない! 能の世界」を行った。

 同日に開かれたオープンキャンパスの一環で,学生や見学者など約50人が参加。

-略-

 般若(はんにゃ)の能面は部分によって多彩な表情が見えることを挙げ,「能楽は受け取り方や楽しみ方は十人十色。他の人の感じ方に無理に合わせず,自分がしたいと思うことに挑戦していってほしい」と若者にエールを送っていた。

(大木祐介)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年07月31日10時30分の記事の記事