2013年03月の記事 (1/2)

高木美帆選手,日本初の世界Jr.2連覇!

 スピードスケートの世界ジュニア選手権で 高木美帆選手が,日本初2連覇 を達成しました。
 選手権第1日は2月22日,イタリアのコラルボで開幕し、4種目で争う総合で日本勢初の2連覇を狙う女子の高木美帆選手(帯広南商高)が2種目を終えて80・400点で首位に立ちました。
 500メートルで39秒88、1500メートルで2分1秒56と、ともに1位でした。 続く第2日,高木選手が,前日からのリードを守りきって日本勢初の4種目で争う総合2連覇を果たしました。
 3レース目の1000メートルで1分19秒03の2位に入り、最終種目の3000メートルでも4分20秒30で,ライバルのアントワネット・デヨング(オランダ)に続く2位と粘って逆転を許しませんでした。
スポンサーサイト