2015年08月の記事 (1/32)

広尾高校でオープンスクール

広尾高校1408 (7)
広尾高校=2014年8月撮影

 8月20日,広尾高校は,来春卒業予定の中学生が授業や部活動を体験する オープンスクール を開きました。
 生活を具体的にイメージしてもらおうと2008年から実施していて,高校生と中学生が机を並べて授業を受けました。

 今年は広尾町内の広尾中学校と豊似(とよに)中学校2校のほか,更別村や日高管内襟裳町からも申し込みがあり,67人が参加しました。

広尾中1408 (4)
広尾中学校=2014年8月撮影

十勝毎日新聞が,「机並べて授業体験 広尾高オープンスクール」 と伝えています。

 
 【広尾】広尾高校(牧野敏校長,145人)は20日,来春卒業予定の中学生が授業や部活動を体験する「オープンスクール」を開いた。高校生と中学生が机を並べて授業を受けた。

 同校での生活を具体的にイメージしてもらおうと2008年から実施。今年は町内の2中学校のほか,更別村や日高管内襟裳町からも申し込みがあり,67人が参加した。

 授業体験では,高校の通常授業に中学生が参加した。そのうち「書道」に参加したのは12人。同校では,中学校の「書写」と違い,書き写すのではなく芸術的要素を求める「書道」の授業を年間約70時間行う。

 中学生は,インクを垂らした水に半紙を浸して模様を作る「マーブリング」に挑戦したり,好きな言葉や絵を書いたりして,楽しく授業に取り組んだ。
-略-
(石原秀樹通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年08月22日22時30分の記事の記事
スポンサーサイト