2016年02月の記事 (1/29)

林業セミナー、帯広農業高生が参加

とかち館1508
とかち館(帯広市)=2015年8月撮影

 2月19日、若者の林業・木材産業への就職を支援し業界の若返りを図る取り組みとして 「林業・木材産業業界セミナー」 が、帯広市内のとかち館で開かれました。
 十勝管内での開催は初めてで、帯広農業高校森林科学科の1、2年生79人が参加しました。
 協会道森林整備担い手センターの松尾博センター長、ハローワーク帯広上席職業指導官の花田純氏の2人が、林業の仕事や就職活動について説明しました。また、十勝管内11の森林組合や林業団体がブースを設けました。

帯広農高 (15)
帯広農業高校=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生招き林業セミナー 道造林協会」 と伝えています。

 
 若者の林業・木材産業への就職を支援し業界の若返りを図る取り組みとして「林業・木材産業業界セミナー」が、帯広市内のとかち館(西7南6)で開かれ、帯広農業高校森林科学科の1、2年生79人が参加した。十勝での開催は初めて。

 道造林協会が主催し19日に開催。同協会道森林整備担い手センターの松尾博センター長が林業の仕事について、ハローワーク帯広上席職業指導官の花田純氏が就職活動のポイントについて説明した。

 オムニス林産協同組合(瀬上晃彦理事)など管内11の森林組合や林業団体がブースを設け、自社の業務や取り組みを生徒たちに紹介した。
   -略-
(星茉莉枝)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2016年02月27日18時30分の記事の記事
スポンサーサイト