2016年06月の記事 (1/30)

大樹高校活性化協議会,PR活動に力

大樹高1605 (2)
大樹高校PR看板=2016年5月撮影

 6月23日, 大樹高等学校活性化推進協議会 の今年度1回目の会合が,大樹町経済センターで開かれ,今年度もPR活動や通学費補助制度の周知を行うことを決めました。
 酒森会長始め委員ら約20人と顧問の金田英司大樹高校校長が出席しました。
 大樹高校から生徒募集の一環として同校生徒が出身中学校を訪問し,学校生活を説明する活動を継続することなどが報告されました。

道の駅1605 (11)
大樹町経済センター(道の駅)=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「今年度もPR活動に力 大樹高活性化協議会」 と伝えています。

 
 【大樹】大樹高等学校活性化推進協議会(会長・酒森正人町長)の今年度1回目の会合が23日,町経済センターで開かれ,今年度もPR活動や通学費補助制度の周知を行うことを決めた。

 委員ら約20人が出席。酒森会長が「活動を通じて大樹高の活性化が進むよう一緒に歩んでいきたい」とあいさつ。顧問の金田英司大樹高校校長が「大樹高校の歴史と伝統に枝・実をつけて花を咲かせたい。出口(進学・就職)指導に力を入れたい」と述べた。

 同校から生徒募集の一環として同校生徒が出身中学校を訪問し,学校生活を説明する活動を継続することなどが報告された。

 議事ではPRポスターの作製や近隣市町村の中学生保護者へ向けた通学費補助制度の周知活動継続などを盛り込んだ今年度の事業計画を承認。
   -略-
(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2016年06月26日20時30分の記事の記事
スポンサーサイト