2016年07月の記事 (1/35)

帯広柏葉高校新聞,「18歳選挙権」を特集

柏葉高1605 (5)
帯広柏葉高校=撮影

 7月26日, 帯広柏葉高校新聞局が 「18歳選挙権」について特集 した「帯広柏葉高校新聞」が発行されました。
 住民票を実家に残して帯広で暮らすために選挙人名簿に登録されなかった新聞局3年の男子生徒が手記を掲載し,「一票の大切さを学んだ」と振り返っています。
 6月30日に総務省に送った,平等に投票できる仕組みづくりを求める要望書への回答は来ておらず,「今後,僕が選挙に行くときは誰よりもその重みをかみしめて投票したい」とつづっています。

 十勝毎日新聞が,「18歳選挙権を特集 『帯広柏葉高校新聞』発行」 と伝えています。


 帯広柏葉高校新聞局(對馬雪乃局長,局員19人)が「18歳選挙権」について特集した「帯広柏葉高校新聞」が26日発行された。住民票を実家に残して帯広で暮らすために選挙人名簿に登録されなかった同局3年の男子生徒が手記を掲載し,「一票の大切さを学んだ」と振り返っている。

 男子生徒は選挙権がないと判明した当初は関心が湧かなかったが,自治体ごとに対応が違うことに疑問を覚えたとした。6月30日に総務省に送った,平等に投票できる仕組みづくりを求める要望書への回答は来ておらず,「今後,僕が選挙に行くときは誰よりもその重みをかみしめて投票したい」とつづっている。
   -略-
(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2016年07月26日10時27分の記事の記事
スポンサーサイト