2017年03月の記事 (1/29)

音更高校で財務事務所が財政の授業

帯広財務事務所1108
帯広財務事務所=2011年8月撮影

 3月17日,帯広財務事務所が,音更高校で, 日本の財政を学ぶ特別授業 を行いました。
 財政について興味を持ち,国の未来を考えるきっかけにと,全道各地で行われている取り組みで,十勝管内では初めてです。
 この日は,音更校校の2年生155人を対象に実施されました。

音更高校1702 (8)
音更高校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生が財政の仕組み学ぶ 財務事務所特別授業」 と伝えています。


 【音更】帯広財務事務所(原井英一所長)が17日,音更高校(藤井勝弘校長,生徒473人)で,日本の財政について考える特別授業を行った。

 財政について興味を持ち,国の未来を考えるきっかけにと,全道各地で行われている取り組みで,十勝管内では初めて。この日は同校の2年生155人を対象に開催した。

 初めに原井所長が国の予算など,財政の基礎知識をスクリーンに映しながら説明。1990年度と2016年度の歳入と歳出のバランスを比べると税収はほぼ同じなのに対し,社会保障費は20兆円ほど増えているとした。その上で「少子高齢化が進行しており,皆さんが社会で働いている約40年後はさらに働き世代の負担が増える」と述べた。

 その後は専用のタブレットを使い,歳入と歳出のバランスを考えて国の予算をつくるグループワークを実施。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年03月18日12時19分の記事の記事
スポンサーサイト