日本ハムウグイス嬢がアナウンスを指導

帯広の森球場1508 (3)
帯広の森野球場=2015年8月撮影

 7月27日,NPO北海道野球協議会の主催する,プロ野球北海道日本ハムファイターズの 現役ウグイス嬢を講師に 「アナウンス講習会」 が,帯広市内の帯広の森野球場で行われました。
 道高野連十勝支部加盟の10校24人の女子マネジャーが参加し,白樺学園高校と帯広大谷高校の練習試合で,1イニングごとに各校のマネジャーが交代して,アナウンス技術を研修しました。

帯広大谷1605 (12)

帯広大谷高校野球部練習試合=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「日本ハムの女性アナがアナウンスの基本を指南 帯広」 と伝えています。


 プロ野球の北海道日本ハムファイターズの現役ウグイス嬢が講師を務めたアナウンス講習会(NPO北海道野球協議会主催)が27日午後,帯広市内の帯広の森野球場で行われた。

 道高野連十勝支部加盟の10校24人の女子マネジャーが参加。アナウンス技術の向上や他校のマネジャーとの交流などを目的に道内で初めて実施した。

 講師役となった同球団のアナウンサーの南谷彩佳さん(28)は「はっきりゆっくり,自然な声で,笑顔を忘れずに」とアドバイス。続いて実施された白樺学園と帯広大谷の練習試合で,1イニングごとに交代する各校のマネジャーに「声が小さくなっている。2,3倍の声でも大丈夫」などと具体的に注意していた。

-略-

(北雅貴)




以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年07月27日19時58分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック