全国高校総体陸上100m,臼井選手が銀メダル

NDソフトスタジアム山形W
参考写真:NDソフトスタジアム山形
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4

 7月30日,全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」陸上競技の第2日は,山形市のNDソフトスタジアム山形で男女100Mなどを行われました。
 十勝関係選手では女子100M決勝で,帯広南町中学校出身・立命館慶祥高校2年の 臼井文音選手 が向かい風3.0mの悪条件の中, 12秒06で2位に 入りました。
 優勝は,大分雄城台高校3年の兒玉芽生選手の12秒02で,0秒04の小差でした。
 十勝管内関係選手がこの種目で表彰台に立つのは,2006年に2位だった福島千里(当時帯広南商業3年)以来11年ぶりになります。

帯広市南町中1605 (3)
帯広市立南町中学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「臼井文音健闘の銀メダル 全国高校総体陸上」 と伝えています。


 【山形】全国高校総合体育大会(インターハイ,南東北総体2017)陸上競技の第2日は30日,山形市のNDソフトスタジアム山形で男女100メートルなどを行った。十勝関係選手では女子100メートル決勝で,臼井文音(立命館慶祥2年-帯南町中出)が向かい風3・0メートルの悪条件の中,12秒06で2位に入った。準決勝をトップ通過した臼井は決勝を抜群のスタートで飛び出し,90メートルすぎまでトップに立っていたが最後に逆転された。1位とは0秒04の小差だった。管内関係選手が同種目で表彰台に立つのは,2006年に2位だった福島千里(当時帯広南商業3年)以来11年ぶり。優勝は12秒02の兒玉芽生(大分雄城台3年)。(北雅貴,金野和彦)

 女子砲丸投げの予選1組には帯農勢の3人が登場し,山戸朱莉(3年)が12メートル74で6位に入ったものの,通過標準記録に6センチ及ばず,全体の14位で決勝に進めなかった。久保田亜由(1年)は12メートル22で組10位,西山藍那(同)は12メートル12で11位だった。女子400メートル障害予選で尾西陽菜子(帯三条3年)が1分3秒91の自己ベストタイを出したが,組6位で準決勝進出はならなかった。男子走り幅跳びは水谷忍(帯農2年)が6メートル29で予選1組32位。同100メートル予選では天城陽太(道栄3年-池田中出)がレース中に左足太ももを痛め,11秒94で4組7位だった。

 男子400メートルリレーは準決勝を実施し,道栄が40秒75で3組2位に入り,決勝に進んだ。天城はメンバー入りはしたが出場はしなかった。
-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年07月31日11時09分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック