清水高生が就職体験

清水高校1708 (4)
清水高校=2017年8月撮影

 9月6~8の3日間,清水高校の2年生139人が, 就職活動に向けた 職業体験 をしました。
 帯広市,芽室町,新得町などの官公庁,建設業,飲食業など72事業所で実習を行いました。
 清水町役場企画課広報広聴係に配属された佐藤さんは初日,田村幸紀広聴係長と共に清水消防署と清水赤十字病院を訪問し,同じインターンシップ(職業体験)体験をしている生徒たちを取材しました。


清水町役場1708 (6)
清水町役場=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生が就職体験 清水高インターンシップ」 と伝えています。


 【清水】清水高校(平野道雄校長,生徒387人)の2年生139人が,就職活動に向けた職業体験をした。6~8の3日間,帯広市,芽室町,新得町などの官公庁,建設業,飲食業など72事業所で実習を行った。

 このうち清水町役場で実習した佐藤日向子さん,浅野幸弥さん,類家憂也さんは6日,町長室で阿部一男町長から辞令の交付を受けた。阿部町長は「職場の実習体験を通じて就職活動に役立てて」と激励した。3人は建設課,学校教育課,町民生活課など7課で職場を体験した。

 企画課広報広聴係に配属された佐藤さんは初日,同課の田村幸紀係長と共に清水消防署と清水赤十字病院を訪問し,同じインターンシップ体験をしている生徒たちを取材した。

-略-

佐々木健通信員



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年09月09日23時30分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック