江陵高校で介護実習を報告

札内支所1508 (3)
札内コミュニティプラザ=2015年8月撮影

 9月3,幕別町札内コミュニティプラザで, 江陵高校福祉課の3年生による 介護福祉実習報告会 がで開かれた。
 今年の実習は,6~7月の計22日間行われ,報告会では1,2年生と受け入れ施設の担当者を前に,成果や課題についてグループに分かれて発表しました。

紅陵高1708 (14)
江陵高校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「介護実習を報告 幕別・江陵高」 と伝えています。


 【幕別】江陵高校(鈴木譲二校長,生徒337人)福祉課の3年生による介護福祉実習報告会が9月30日,札内コミュニティプラザで開かれた。

 今年は,6~7月の計22日間実習。報告会では1,2年生と受け入れ施設の担当者を前に,成果や課題についてグループに分かれて発表した。

 「計画の実施」グループは,「利用者の心身の状態によっては計画した通りにいかない。臨機応変な対応が大切」「適切な介護計画を立てる上で,利用者の情報を取捨選択することが難しかった」など,現場で感じたことを述べた。

-略-

(杉原輝美通信員)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年10月02日22時30分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック