帯広で農業高校食彩フェア

イトーヨーカ堂1605 (3)
イトーヨーカドー帯広店=2016年5月撮影

 10月7日,十勝管内の高校生が栽培した野菜や生花などを販売する 「農業高校食彩フェア」 が,イトーヨーカドー帯広店東側入り口で開かれました。
 農業高校の教育内容の周知などを目的に,2005年から毎年実施されています。
 帯広農業高校と更別農業高校,清水高校,士幌高校から127人の生徒が参加し,50種類以上の品目を取り扱いました。
 今年は士幌高が初めて試食ブースを設け,学校農場で収穫した野菜を使用したミネストローネやジャガイモの素揚げを振る舞いました。

士幌高校1708 (46)
士幌高校=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「農業高校の活動知って 農業高校食彩フェア」 と伝えています。


 十勝管内の高校生が栽培した野菜や生花などを販売する「農業高校食彩フェア」(北海道高等学校長協会農業部会主催)が7日,イトーヨーカドー帯広店東側入り口で開かれた。

 農業高校の教育内容の周知などを目的に,2005年から毎年実施。帯広農業高校の安彦勇二教諭は「商品の説明など学業の成果を発揮する場としての機能もある」と説明する。

 帯農と更別農高,清水高,士幌高から127人の生徒が参加。50種類以上の品目を取り扱った。

 午前9時の開場と同時に買い物かごを持った来場者が詰め掛け大盛況に。今年は士幌高が初めて試食ブースを設け,学校農場で収穫した野菜を使用したミネストローネやジャガイモの素揚げを振る舞った。

-略-

(石川友史)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年10月08日9時35分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック