高校アイスホッケー,白樺学園4年ぶり優勝


帯広アリーナ1702 (6)
帯広の森アイスアリーナ
=2017年2月影

 1月26日, 第67回全国高校選手権大会 最終日は,帯広の森アイスアリーナで決勝が行われました。
 白樺学園高校は昨年覇者の駒大苫小牧高校に,GWS(ゲーム・ウイニング・ショット)の末に7-6で競り勝ち, 4年ぶり5度目の栄冠 に輝きました,
 白樺学園は4度リードを奪われましたが追い付く粘りを見せ,白熱した好ゲームを制しました。

◇準決勝(1月25日)
 駒大苫小牧高校 4-2 武修館高校
 清水高校 1-5 白樺学園高校
◇決勝(1月26日)
 駒大苫小牧高校 6-7 白樺学園高校

白樺高校1702 (19)
白樺学園高校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「白樺学園激闘制し4年ぶりV 全国高校アイスホッケー」 と伝えています。


 第67回全国高校選手権大会(全国高体連,日本アイスホッケー連盟など主催)最終日は26日午前,帯広の森アイスアリーナで決勝を行った。白樺学園は昨年覇者の駒大苫小牧にGWS(ゲーム・ウイニング・ショット)の末に7-6で競り勝ち,4年ぶり5度目の栄冠に輝いた。白樺学園は4度リードを奪われたが追い付く粘りを見せ,白熱した好ゲームを制した。駒大苫小牧はFW木綿宏太(2年,屈足中出)が出場した。第3日の25日は準々決勝と準決勝を実施し,準決勝で白樺学園が清水を5-1で破り,十勝対決を制した。清水は7年ぶり3度目の決勝進出はならなかった。もう1試合の準決勝は駒大苫小牧が武修館(釧路)に4-2で競り勝った。準々決勝で白樺学園は八戸商(青森)に12-1で圧勝,清水は慶応義塾(神奈川)にGWSの激戦の末に5-4で勝利した。

(北雅貴,折原徹也,塩原真)


(26日)
◇決勝
白樺学園 7(2-2 1-1 3-3 延長 0-0 GWS 1-0)6 駒大苫小牧

 白樺学園が決勝戦にふさわしい好ゲームをものにした。



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年01月26日13時24分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック