中札内高等養護3年生,感謝の清掃奉仕

中札内高等養護1702 (2)
中札内高等養護学校=2017年2月撮影

 2月6,7の両日,中札内高等養護学校の3年生が,学校生活の締めくくりとなる 「地域貢献学習」 の一環で,村内の公共施設の窓清掃やバス停の除雪作業を行いました。
 生徒は村のコミュニティーバス「くるくる号」のバス停の周辺を除雪やきらきら保育園と中札内小学校では窓の清掃に取り組みました。

中札内小1702 (3)
中札内小学校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「感謝込め清掃奉仕 中札内高等養護学校3年生」 と伝えています。


 【中札内】中札内高等養護学校(西田裕一校長)の3年生が6,7の両日,村内の公共施設の窓清掃やバス停の除雪作業を行った。学校生活の締めくくりとなる「地域貢献学習」の一環で,お世話になった村内への感謝を込めて作業に当たった。

 同校では卒業後に生徒が社会の中で生きることを視野に入れ,村の中で就労体験など学習する機会を作っている。今回は3年生41人が参加した。

 生徒は村のコミュニティーバス「くるくる号」のバス停の周辺を除雪。きらきら保育園と中札内小学校では窓を清掃した。

-略-

(深津慶太)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年02月07日20時59分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック