公立高校で推薦・連携型試験

帯広緑陽高校1702 (6)
帯広緑陽高校=2017年2月撮影

 2月14日,2018年度道内の公立高校入試の 推薦・連携型試験 が各校で行われました。
 道教委によると,十勝管内では帯広三条高校,帯広緑陽高校,音更高校,芽室高校,幕別高校,鹿追高校の普通科6校と,帯広農業高校,更別農業高校,士幌高校,帯広工業高校,帯広南商業高校の職業科5校,清水高校,池田高校の総合科2校が推薦入試を実施し,鹿追高校,広尾高校は連携型試験を行いました,
 結果は,2月21日に合格者に内定を通知されます。
 なお,公立高校の一般入試学力検査は3月6日,合格発表は3月16日です。

鹿追高校1702 (9)
鹿追高校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「緊張しながらも面接試験 管内で公立高推薦入試」 と伝えています。


 2018年度公立高校入試の推薦・連携型試験が14日,道内の各校で行われた。十勝管内では14校で推薦792人,連携66人が試験に臨んだ。

 道教委によると,管内では帯広三条,帯広緑陽,音更,芽室,幕別,鹿追の普通科6校と,帯広農業,更別農業,士幌,帯広工業,帯広南商業の職業科5校,清水,池田の総合科2校が推薦入試を実施。鹿追,広尾は連携型試験を行った。

 帯広南商業高校(宮津尚美校長)では,推薦枠100人に対し119人が出願した。

-略-

 結果は21日に合格者に内定を通知する。公立高の一般入試学力検査は3月6日,合格発表は同16日。

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年02月14日12時18分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック