FC2ブログ

士幌高生、道の駅で写真展と販売会

ピア士幌211708 (3)
道の駅「ピア21しほろ」=2017年8月撮影

 2月28日まで、道の駅「ピア21しほろ」では、士幌高校の 「士幌写真通信局」の 写真展 を開いています。
 これにあわせて、2月25日、高校産の特産品を販売、道の駅で広く情報を発信します。
 販売会では畜産、畑作、肉加工の3専攻班が出店する。畜産専攻班は昨年9月に出荷したブラウンスイス牛「カルビ」の牛革で作ったブレスレット(800円)と小銭入れ(1500円)を販売します。

士幌高校1702 (17)
士幌高校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「道の駅で士幌高生が写真展 25日には販売会も」 と伝えています。


 【士幌】士幌高校の士幌写真通信局(牧野杏香部長、部員7人)は道の駅「ピア21しほろ」で28日まで写真展を開いている。これに合わせて25日午前10時から午後2時まで、高校産の特産品を販売、道の駅で広く情報を発信する。

 同局は昨年6月に結成し、写真展を開くのは初めて。校内で撮りためた写真のうち、気に入ったものを1人数枚ずつ展示した。また、写真を見て思ったことを五七五の俳句にして写真の隣に添えた。山田詩衣菜さんはアスファルトの地面に映った生徒の影を撮影し「青春の 時を刻まん はいチーズ!!」と詠んだ。牧野部長は「士幌高校ならではの作品が並んでいるので、写真を見てどういう高校か知ってほしい」とPRする。

 販売会では畜産、畑作、肉加工の3専攻班が出店する。畜産専攻班は昨年9月に出荷したブラウンスイス牛「カルビ」の牛革で作ったブレスレット(800円)と小銭入れ(1500円)を販売。ブレスレットはホックを付ける体験もできる。

-略-

(川野遼介)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年02月24日8時00分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック