FC2ブログ

道内公立高校で一般入試

帯広柏葉高校1702 (7)
帯広柏葉高校=2017年2月撮影

 3月6日,道内の公立高校で,2018年度の 一般入試が実施 されました。
 十勝管内では全日制・定時制合わせて1699人が“15の春”を目指し,試験に臨みました。
 倍率は,帯広市内の普通科では帯広柏葉高校1.2倍,帯広三条高校1.4倍,帯広緑陽高校1.4倍となっています。

帯広三条高校1702 (14)
帯広三条高校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が,「“15の春”に挑む 公立高校で一般入試」 と伝えています。


 道内の公立高校で6日,2018年度の一般入試が行われた。十勝管内では全日制・定時制合わせて1699人が“15の春”を目指し,試験に臨んだ。

 管内の全日制19校,定時制1校は実募集数1823人に対し出願者数1857人で,倍率は1・0倍。帯広市内の普通科は帯広柏葉1・2倍,帯広三条1・4倍,帯広緑陽1・4倍となっている。

 帯広緑陽高(中坪俊博校長)では午前7時半ごろから受験生が訪れ,5教室に分かれて入室し,試験官から諸注意を聞いた。問題・解答用紙が配布されると,緊張した様子で受験番号などを記入し,午前9時20分の開始の合図と同時に問題に取り組んだ。
されていない。

-略-

合格発表は16日午前10時。

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年02月06日10時50分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック