帯広コア専門学校入学式 ベトナム留学生も

帯広コア1702 (7)
帯広コア専門学校=2017年2月撮影

 4月7日, 帯広コア専門学校の入学式 が,帯広市民文化ホールで開かれ,介護福祉科で学ぶベトナムからの留学生18人を含め,63人が希望を胸に入学しました。
 ベトナムからの留学生18人は,介護業界の人材不足を背景に社会福祉法人真宗協会と医療法人社団刀圭会が受け入れており,学校生活と両立して介護の仕事を学ぶ計画です。

ホーチミン中心市街地W
参考写真:サイゴン川とホーチミン中心市街地
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3%E5%B8%82

 十勝毎日新聞が,「帯広コア専門学校入学式 ベトナム留学生も」 と伝えています。


 帯広コア専門学校(神山恵美子理事長)の入学式が7日,帯広市民文化ホールで開かれた。介護福祉科で学ぶベトナムからの留学生18人を含め,63人が希望を胸に入学した。

 新入学生は担当学科ごとに教員から一人ひとり名前を呼ばれ,起立した。神山理事長は「学ぶ楽しさと成長の喜びを実感して」と式辞を述べ,学校生活での大切なこととして資格取得,ルールを守る,感謝の気持ち-の3つを伝えた。

-略-

 ベトナムからの留学生18人は,介護業界の人材不足を背景に社会福祉法人真宗協会(帯広)と医療法人社団刀圭会(同)が受け入れており,学校生活と両立して介護の仕事を学ぶ。

(高津祐也)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年04月08日9時45分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック