広尾高校生が中学生に古典紹介

竹取物語W
参考写真:『竹取物語』-メトロポリタン美術館蔵
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

 3月20日,広尾高校の2年生11人が,広尾中学校の1年生61人に,日本の 古典文学作品を 紹介する授業 を行いました。
 教科「古典A」を選択している高校生は3班に分かれ,「ものくさ太郎」(『今昔物語集』より),「かぐや姫の難題」(『竹取物語』より),「育児と養老」(『今昔物語集』より)の3作品を紹介しました。

広尾中1408 (7)
広尾中学校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生が中学生に古典授業 広尾」 と伝えています。


 【広尾】広尾高校(皆添英二校長,生徒130人)の2年生11人が20日,広尾中学校(加藤健一校長,生徒181人)の1年生61人に対し,日本の古典文学作品を分かりやすく紹介する授業を行った。

 中高一貫教育相互乗り入れ授業の一環として実施した。

 教科「古典A」を選択している高校生は3班に分かれ,教壇に立ってそれぞれ紙芝居風や漫談風,時折クイズを織り交ぜるなど工夫して発表。「ものくさ太郎」(『今昔物語集』より),「かぐや姫の難題」(『竹取物語』より),「育児と養老」(『今昔物語集』より)の3作品を紹介した。

-略-

(眞尾敦)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年03月28日21時30分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック