士幌高校,GGAPの講習会

士幌高校1708 (46)
士幌高校=2017年8月撮影

 4月26日,士幌高校でグローバルGAP (GGAP)講習会 が開かれました。
 GGAPは国際的な農業生産工程管理の認証で,士幌高は昨年,ニンニクとニンジンで道内の高校では初めてGGAPの認証を取得しました。

士幌高校1608 (17)
作物・野菜学習農園=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「GGAPの重要性学ぶ 士幌高校で講習会」 と伝えています。


 【士幌】士幌高校(近江勉校長,生徒145人)で26日,グローバルGAP(GGAP)講習会が開かれた。

 GGAPは国際的な農業生産工程管理の認証。同校は昨年,ニンニクとニンジンで道内の高校では初めてGGAPの認証を得た。今年度はこの2品目に加えて,ジャガイモと小麦での認証取得を目指している。

 講習会はアグリビジネス科の1~3年生57人を対象に行われ,北海道農業起業化研究所(HAL財団)の梅津国英さんが講師を務めた。

-略-

(川野遼介)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年04月27日14時00分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック