FC2ブログ

帯広三条高放送局,「髪」がつなぐ絆

ウィッグW
参考写真:医療用かつら
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%82%89_(%E8%A3%85%E8%BA%AB%E5%85%B7)
 2014年,帯広三条高校放送局が,病気や事故などで髪を失った子どもたちに,医療用のウィッグを無償で提供するヘアドネーションの事業をテーマに 映像作品「髪の絆」 を制作しました。
 この作品は,業界最大手のアデランスとヘアドネーションを行うNPO法人JADACを結び付けるなど,社会的支援の輪を広げるのに一役買いました。

三条高1605 (4)
帯広三条高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「『髪』がつなぐ絆 広げる一翼に 作品制作した帯広三条高放送局」 と伝えています。


 病気や事故などで髪を失った子どもたちに,医療用のウィッグを無償で提供するヘアドネーション。2014年,帯広三条高校放送局がこの事業をテーマに映像作品「髪の絆」を制作した。この作品は,業界最大手のアデランスとヘアドネーションを行うNPO法人JADAC(大阪)を結び付けるなど,社会的支援の輪を広げるのに一役買った。(藤島諒司)

 市内の美容室「アームズ」が,希望する利用者の髪をウィッグにして,同NPOに無償提供していることを勝毎の記事で知り,作品の制作を企画。第61回NHK杯全国高校放送コンテストで3位に当たる優秀賞を受賞した。

 作品の取材を受けたアデランスがJADACの存在を知り,15年からNPOへの協力を開始。全国に約120店あるアデランスサロンで,ウィッグの製作に必要な採寸(頭のサイズの計測)を行っているほか,サロンは完成したウィッグの引き渡し場所にもなっている。

-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年04月28日12時39分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック