帯広農業高,「あぐりす」今季営業

ブルーベリーw
参考写真:ブルーベリー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC

 5月18日から,帯広農業高校のアンテナショップ 「あぐりす」の今季営業 が始まります。
 生徒が手掛けた作物や加工品が販売され,校内で育てたブルーベリーやイチゴで作られたジャム,自家製ベーコン,野菜や花苗など,季節ごとにさまざまな商品が並べられます。

帯農高1605 (20)
帯広農業高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「手作りジャムどうぞ あぐりす今季18日から 帯農高」 と伝えています。


 帯広農業高校(二木浩志校長)のアンテナショップ「あぐりす」の今季営業が18日から始まる。生徒が手掛けた作物や加工品が販売される。

 同校の敷地内にある「あぐりす」の営業は今年で16年目で毎年楽しみにしている市民も多い。同校で育てたブルーベリーやイチゴで作られたジャム,自家製ベーコン,野菜や花苗など,季節ごとにさまざまな商品が並ぶ。

-略-

 開店時間は午後4時から。商品には限りがあり,売り切れになり次第終了する。問い合わせは同校(0155・48・3051)まで。

(細谷敦生)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年05月13日13時33分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック