FC2ブログ

清水町特養せせらぎ荘で高校生が看護体験

清水高校1708 (3)
清水高校=2017年8月撮影

 5月8日,清水町で 高校生ふれあい看護体験 が,町内の特別養護老人ホームせせらぎ荘で行われました。
 せせらぎ荘では,清水高校と帯広緑陽高校から2人ずつ計4人がに訪れました。
 共に看護師を志望する,清水高校2年の飯尾彩音さんと中野裕麻さんは,せせらぎ荘短期入所生活介護事業所で,シーツ交換などを体験しました。

帯広緑陽高1605 (4)
帯広緑陽高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「生徒4人 高齢者と交流 特養・せせらぎ荘訪問 清水高校」 と伝えています。


 【清水】高校生ふれあい看護体験が8日,町内の特別養護老人ホームせせらぎ荘(鳴海大輝施設長)で行われた。

 道看護協会十勝支部の実行委員会(中村利枝実行委員長)主催。看護週間(6~12日)に合わせて毎年行われている。今年は十勝管内の病院や高齢者施設など35施設で実施され,19校から234人が参加。せせらぎ荘では,清水高校と帯広緑陽高校から計4人が参加した。 

 参加者は施設の案内を受けた後,それぞれの担当場所に移動。このうち,共に看護師を志望する飯尾彩音さん(清水高2年)と中野裕麻さん(同)は,せせらぎ荘短期入所生活介護事業所で,シーツ交換などを体験した。利用者と一緒にオセロや折り紙,塗り絵を行い交流した。

-略-

(那須野唯通信員)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年05月13日10時32分の記事の記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック