FC2ブログ

帯広コア専門学校で実習報告

成田空港第1ターミナルW
参考写真:成田国際空港第一ターミナル
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E7%94%B0%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

 8月30日、帯広コア専門学校で、医療ビジネス科と観光ホスピタリティ科の 実習報告会 が行われました。
 医療ビジネス科2年生は市内の病院・薬局、観光ホスピタリティ科1年は都内近郊の空港やホテル、同2年は市内の森の交流館・十勝でイベント運営の実習を行いました。
 観光ホスピタリティ科の1年生4人は成田国際空港などで研修を実施しました。

帯コア専門校1605 (1)
帯広コア専門学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「コア専門学校 観光科らの学生が実習報告」 と伝えています。


 帯広コア専門学校(神山恵美子校長)で8月30日、医療ビジネス科と観光ホスピタリティ科の実習報告会が行われた。

 医療ビジネス科2年生は市内の病院・薬局、観光ホスピタリティ科1年は都内近郊の空港やホテル、同2年は市内の森の交流館・十勝でイベント運営の実習を行った。

 このうち観光ホスピタリティ科の1年生4人は成田国際空港やホテルのグランドハイアット東京、横浜ロイヤルパークホテルなどで研修を実施した。

-略-

(松田亜弓)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月07日10時30分の記事の記事

広尾高校1学年・2学級維持を要請

北海道庁別館W
参考写真:写真北海道教育委員会(道庁別館)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%BA%81%E8%88%8E

 8月30日,広尾高校存続対策協議会は,道教委の佐藤嘉大教育長に, 広尾高校の存続を要請 しました。
 広尾髙校の今年度の入学者が1学級40人となったのを受け,協議会は道教委に「1学年2学級(2間口)の募集継続と将来的な存続を」と要請しました。

広尾高校1805 (2)
広尾高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「広尾高校1学年・2学級維持を 道教委に要請」 と伝えています。



 【札幌・広尾】北海道広尾高校存続対策協議会(会長・村瀬優町長)は8月30日,道教委の佐藤嘉大教育長に,広尾高校(皆添英二校長,生徒130人)の存続を要請した。

 村瀬会長,堀田成郎町議会議長,笹原博教育長が道教委を訪れ,広尾出身の喜多龍一道議も同行した。

 同校の今年度の入学者が1学級40人となったのを受け,同協議会は道教委に「1学年2学級(2間口)の募集継続と将来的な存続を」と要請。地域が学校運営に参加するコミュニティ・スクール導入に向けた動きや,民間による下宿開設,陸上のマット走路の寄付など,地域の支援策を説明した。

-略-

(眞尾敦)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月01日16時30分の記事の記事

9月10日,帯広市内の学校再開

帯広市役所1708 (9)
帯広市役所=2017年8月撮影

 帯広市によると,市内の小中学校は 9月10日から授業を再開 します。ただし10日は給食が提供できないため,午前授業で,11日以降については10日に判断します。
 帯広南商業高校も10日は午前授業で,その後は同様の対応となります。

帯広南商高1805 (6)
帯広南商業高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「市内小中学校 10日から再開」 と伝えています。


 帯広市によると,市内の小中学校は10日から授業を再開する。ただし10日は給食が提供できないため,午前授業。11日以降については10日に判断する。

 帯広南商業高校も10日は午前授業で,その後は同様の対応となる。

-略-

 昼食は各自持参する。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年09月08日12時56分の記事

秋季高校野球予選,11日に延期

帯広の森球場1508 (3)
帯広の森野球場=2015年8月撮影

 来春のセンバツにつながる高校野球の第71回 秋季道大会十勝支部予選 は9月8日に帯広の森野球場で予定していた開幕を,11日に延期しました。
 6日未明に胆振地方中東部を震源とする地震による停電の影響のためです。
 第1日の11日は開会式は午前8時半,第1試合(鹿追-池田・更別農・士幌・大樹・本別連合)は午前9時半開始予定です。

本別高野球部1805 (2)
連合チーム練習試合=2018年5月,本別高校で撮影
※春の大会連合チームは,更別農・本別・新得・大樹・上士幌の5高校

 十勝毎日新聞が,「秋季高校野球十勝支部予選開幕11日に延期,停電影響」 と伝えています。


 来春のセンバツにつながる高校野球の第71回秋季道大会十勝支部予選(道高野連など主催)は8日に予定していた開幕を11日に延期した。6日未明に発生した地震による停電の影響のため。

 11日にBブロック1回戦とAブロック2回戦の2試合を,12,13の両日にA,B両ブロックの2回戦を実施。14日は予備日。

-略-

 第1日の11日は開会式は午前8時半,第1試合(鹿追-池田・更別農・士幌・大樹・本別連合)は午前9時半開始予定。

(北雅貴)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月07日10時21分の記事の記事

更別農高産トマトが学校給食に

更別小1605 (6)
更別小学校=2016年5月撮影

 更別農業高校の生徒が育てたトマトが,初めて村内の幼稚園や小中学校の 給食のメニューとして提供 されました。
 更別小学校には更別農業高生5人が直接訪問し,2年生25人と給食を食べながら交流しました。

更別農高1805 (14)
更別農業高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「農高産トマトが給食に 更別」 と伝えています。


 【更別】更別農業高校(細川徹校長,生徒124人)の生徒が育てたトマトが村内の幼稚園や小中学校の給食のメニューとして初めて提供された。更別小学校には生徒が直接訪問し,給食を食べながら子どもたちと交流した。

 授業の一環で野菜を育てている生徒の活動を知ってもらおうと8月22日に実施した。生徒は校内の畑でその日の朝にミディトマト約500個を収穫し,村学校給食センターに届けた。

 更別小学校では生徒5人と2年生25人と交流。食材が給食として提供されるまでの流れを栄養教諭が説明し,生徒がトマトの作り方などを子どもたちに伝えていた。

-略-

(高津祐也)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月01日12時15分の記事の記事

看護学校で「B型肝炎」講義


帯広看護専門学校=撮影

 8月24日, 全国B型肝炎訴訟 北海道弁護団の弁護士と原告団の患者による,病気や訴訟に関する講演会が,帯広市内の道社会事業協会帯広看護専門学校で開かれました。
 専門学校の2年生33人が聴講しました。

B型肝炎ウイルスW
参考写真:B型肝炎ウイルスの透過型電子顕微鏡写真
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E

 十勝毎日新聞が,「B型肝炎の正しい理解を 原告団らが看護学校で講義」 と伝えています。


 全国B型肝炎訴訟北海道弁護団の弁護士と原告団の患者による,病気や訴訟に関する講演会が8月24日,帯広市内の道社会事業協会帯広看護専門学校(阿部厚憲学校長)で開かれた。

 医療従事者を志す生徒に,病気への正しい知識と理解を深めてもらおうと開催。同専門学校の2年生33人が聴講した。

 B型肝炎は同肝炎ウイルス(HBV)が血液や体液を介して感染し,発症する肝臓の病気。全国で40万人以上の感染者がいるとされている。

 この日は同弁護団の川上大雅弁護士(札幌)がB型肝炎について説明。理解不足による偏見があることや経済的,精神的負担が大きいことを指摘した。

-略-

(石川友史)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年09月01日8時30分の記事の記事

大樹高校,町議会のサポート授業

大樹町役場1805 (2)
大樹町議会(町役場)=2018年5月撮影

 9月に予定する高校生議会に向け8月27日,大樹高校で, 町議によるサポート授業 が行われました。
 4回目になる今年は2,3年生107人が参加する予定で,この日は一般質問に向け,これまでの議会傍聴の経験などから一般質問通告書作成に向けて話し合いました。

大樹高校1805 (10)
大樹高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「高校生議会へサポート授業 大樹」 と伝えています。


 【大樹】9月に予定する高校生議会に向け27日,大樹高校(金田英司校長,生徒155人)で,町議によるサポート授業が行われた。

 高校生議会は,生徒が議場で町の課題などについて一般質問し,町長ら町側が答える。選挙権年齢の18歳以上への引き下げに伴い,町政への関心や主権者としての意識を高めてもらうのが目的で,今年で4回目となる。今年は2,3年生107人が参加する。

 この日は一般質問に向け,これまでの議会傍聴の経験などから一般質問通告書作成に向けて話し合った。保健・福祉,教育,建築土木水産,観光・広報,宇宙の5グループに分かれ,身近な課題などを挙げた。

-略-

(眞尾敦)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年08月28日16時00分の記事の記事

更別農業高,特産スモモを収穫

更別スモモの里 (10)
スモモ=2014年8月,さらべつすももの里で撮影
 8月21日,更別農業高校の生徒が,更別村内の「さらべつすももの里」で スモモを収穫 しました。今年は,1年生41人が4班に分かれ100~200kgの収穫量を目指して作業に取り組みました。
 地元食材を利活用しようと,10年ほど前からスモモの収穫を続けていて,加工品に使用します。
 

更別スモモの里1408 (17)
さらべつすももの里=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「特産スモモを収穫 更別農高」 と伝えています。


 【更別】更別農業高校(細川徹校長)の生徒が21日,村内の「さらべつすももの里」(更別南4線)でスモモを収穫した。同校で作る加工品に使用する。

地元食材を利活用しようと10年ほど前からスモモの収穫を続けている。今年は1年生41人が4班に分かれ100~200キログラムの収穫量を目指して作業に取り組んだ。

 各班は4つのコンテナを持ってスモモの木の下へ。用意したさおで枝をたたき,広げたブルーシートに落ちた実を選別しながらコンテナに収めた。

-略-

(斉藤さゆり通信員)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年08月24日12時25分の記事の記事

大樹高・高野教諭、理科の実験授業を本に

石狩翔陽高W
参考写真:石狩翔陽高校
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E7%BF%94%E9%99%BD%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

 大樹高校の高野圭教諭が、民間企業の営業職からの転身や、実験を活用した理科授業について紹介した本 「たのしく教師デビュー」(仮説社) を出版しました。
 「新人でも教員生活を楽しんでいる姿や手法が少しでも参考になれば」と、書きためてきた経験をまとめました。
 高野教諭は1984年千葉県生まれで、芝浦工業大工学部卒業後、大手音響機器メーカーに就職した後、2014年石狩翔陽高校で教師に。大樹高校には今年赴任しました。

大樹高校1805 (10)
大樹高校=2018年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「営業マンから転身 大樹高・高野教諭が理科の実験授業を本に」 と伝えています。


 【大樹】大樹高校(金田英司校長、生徒155人)の高野圭教諭(33)が、民間企業の営業職からの転身や、実験を活用した理科授業について紹介した本「たのしく教師デビュー」(仮説社)を出版した。「新人でも教員生活を楽しんでいる姿や手法が少しでも参考になれば」と、書きためてきた経験をまとめた。

 高野教諭は1984年千葉県生まれで、芝浦工業大工学部卒業後、大手音響機器メーカーに就職。その後、明星大通信教育部で教員免許を取得し、2014年石狩翔陽高校で教師に。大樹高校には今年赴任した。

 執筆のきっかけは、初任地で色彩検定の受験をサポートした生徒から、自作した問題集に載せた文章を「読んでいて楽しい。出版できそう」と言われたこと。授業をする姿が「楽しそう」と生徒から言われることも多かった高野さん。その後、経験を書きためた文章を自費で5冊製本し、恩師や出版社に送ったところ、単行本としての刊行が決まった。

-略-

(眞尾敦)



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2018年08月31日9時30分の記事の記事

とかちマルシェが開幕

とかちマルシェ1609 (15)
帯広南商業高校吹奏楽部=2016年9月撮影

 8月31日,8回目を迎える十勝最大の食の祭典 「とかちマルシェ」 が,JR帯広駅北口広場で始まりました。
 会場には肉や魚介,スイーツなど十勝の味覚を集めた32の屋台が出店し,家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわっています。
 開幕に際し,ステージでは帯広南商吹奏楽部が軽快な演奏を披露,十勝管内外のアーティスト6組も出演し,会場を盛り上げました。

とかちマルシェ1609 (4)
「とかちマルシェ」=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「とかちマルシェが開幕」 と伝えています。


 十勝最大の食の祭典「とかちマルシェ」が31日午後5時,JR帯広駅北口広場で始まった。会場には肉や魚介,スイーツなど十勝の味覚を集めた32の屋台が出店し,家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわっている。

 とかちマルシェ運営協議会が主催し,8回目を迎えた。はじめに同協議会の谷脇正人副会長があいさつ,ドラの音と帯広南商業高校吹奏楽部のファンファーレで開幕した。ステージでは南商吹奏楽部が軽快な演奏を披露,管内外のアーティスト6組も出演し,会場を盛り上げた。

 飲食の屋台では鮭いくら丼,とかちマッシュのアヒージョなど多彩なメニューが並び,来場者が長い列を作った。

-略-

(長谷川正人)



以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年08月31日18時26分の記事