帯広工業高1年生,最新住宅を見学

とかちマイホーム1508
かちまいホームセンター=2015年8月撮影

 6月6日,帯広工業高校建築科の1年生36人が,帯広市内の かちまいホームセンターで 見学実習 を行いました。
 最新の住宅を見学し,入学して間もない1年生に建築全般に興味を持ってもらうことを目的に,毎年実施しています。
 今回は10棟のモデルハウスのうち8棟を見学しました。

帯広工高1605 (2)
帯広工業高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「生徒ら最新住宅を見学 帯広工業高」 と伝えています。


 帯広工業高校(金谷秀幸校長,生徒471人)建築科の1年生36人が6日,帯広市内のかちまいホームセンター(西16南33)で見学実習を行った。

 最新の住宅を見学し,入学して間もない1年生に建築全般に興味を持ってもらうことを目的に,毎年実施している。今回は10棟のモデルハウスのうち8棟を見学。4グループに分かれて各住宅を20分ずつ見て回った。

 生徒は照明器具や暖房設備,建物の構造などの説明を受けた後,住宅内を自由に見学した。収納棚を開けてみたり,ユニバーサルデザインに配慮した部分などを探したりして,建築への理解を深めた。

 武田心里さん(15)は「壁の色に合わせてスイッチの色を変えるデザインが気に入った。暖房設備などの見えない部分にもこだわっている」と話していた。(牧内奏)
-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月13日10時11分の記事の記事

士幌高校,米国から高校生8人訪問

デンバーW
参考写真:コロラド州都デンバー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC

 6月8日,士幌高校と海外文化交流で親交のあるアメリカ コロラド州の高校生ら8人が, 士幌町を訪問 しました。
 11日までの4日間,道の駅などを訪れ士幌高の生徒と交流を深めます。
 士幌高が毎年行っている海外文化交流事業で,スモーキーヒル高校の生徒5人,キャッスルビュー高校の卒業生3人が来校しました。

士幌高校1608 (23)
士幌高校=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「米国から高校生8人 士幌高生と交流」 と伝えています。


 【士幌】士幌高校(近江勉校長,生徒151人)と海外文化交流で親交のあるアメリカコロラド州の高校生ら8人が8日,来町した。11日までの4日間,道の駅などを訪れ士幌高の生徒と交流を深める。

 士幌高が毎年行っている海外文化交流事業で,スモーキーヒル高校の生徒5人,キャッスルビュー高校の卒業生3人が来校した。

 士幌町を訪れた8日は士幌高校で交流会を開催し歓迎。米国の高校生は日本文化に関する寸劇を行い,日本語で自己紹介を行った。また,全校生徒で○×クイズを行い交流を深めた。

-略-

(川野遼介)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月09日14時30分の記事の記事

上士幌高,途別小で熱気球試乗体験

幕別・途別小1609 (4)
幕別町立途別小学校=2016年9月撮影

 6月11日,幕別町の途別小学校で,上士幌高校熱気球部による 熱気球の試乗体験 が開かれました。
 早朝から児童や保護者,地域の人が集まり,3,4人ずつ気球に乗って上空20~30mまでふわっと上昇しました。

上士幌高校1609 (1)
上士幌高校=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「途別小で熱気球試乗体験 幕別」 と伝えています。


 【幕別】途別小学校(清水弘校長,児童25人)で11日,上士幌高校熱気球部(松岡一馬部長,部員7人)による熱気球の試乗体験が開かれた。

 熱気球部に昨年度まで同校卒業生が在籍していたのがきっかけで,PTAの事業として3年連続の実施。

 早朝6時半から児童や保護者,地域の人が集まり,3,4人ずつ気球に乗って上空20~30メートルまでふわっと上昇。風に揺られて,空中からの眺めを楽しんだ。

-略-

 上士幌高熱気球部の松岡部長は「風があって調整が難しかったが,みんなに乗ってもらえてよかった」と話していた。(眞尾敦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年06月11日13時00分の記事

帯広工業高,河川敷に種まき

クサヨシW
参考写真:クサヨシ(草葦)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%82%B7

 6月7日,帯広工業高校環境土木科2年生35人は,昨年の台風被害を受けた帯広市内の帯広川河川敷の草地を復元するため, クサヨシとコスモスの 種まきを実施 しました。
 種をまいたのは,札内川合流地点付近の帯広川右岸の河川敷約7600㎡で,授業の一環として取り組みました。

帯広川1208
帯広川=2012年8月,札内川合流付近で撮影

 十勝毎日新聞が,「河川敷に種まき 帯広工業高」 と伝えています。


 帯広工業高校環境土木科2年生35人は7日,昨年の台風被害を受けた帯広市内の帯広川河川敷の草地を復元するため,クサヨシとコスモスの種をまいた。

 市民団体の十勝川中流部市民協働会議(代表・柳川久帯広畜産大副学長)主催で,授業の一環として生徒が参加した。同会議はヤナギの樹林化を防ぐため,2012年から河川環境整備に取り組んでいる。

 種をまいたのは,札内川合流地点付近の帯広川右岸の河川敷約7600平方メートル。高校生や同会議メンバーら約60人が参加した。

-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年6月8日 13時42分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201706/20170608-0026774.php

新得高校,閉校記念巨大看板設置

新得高1508 (10)
新得高校=2015年8月撮影

 5月31日,新得高校閉校記念事業協賛会は,国道38号沿いに 閉校記念の巨大看板 を取り付けました。
 取り付け作業は協賛会事業部の部員11人が,2019(平成31)年3月の閉校に向けた記念事業の第1弾として行いました。
 デザインは,第18回卒業生でかつて漫画家を志した藤田正人さんが手掛けました。

国道38号新得高入口1108
国道38号(新得高校入口)=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「国道38号沿いに記念看板 閉校事業協賛会」 と伝えています。


 【新得】新得高校閉校記念事業協賛会(竹浦隆会長)は5月31日,国道38号沿いに閉校記念の巨大看板を取り付けた。

 取り付け作業は協賛会事業部(金田茂部長)の部員11人が,2019年3月の閉校に向けた記念事業の第1弾として行った。横5・4メートル,縦1・8メートルで「さよなら 新得高校 讃えよその名」の題字と校章,イラストが描かれている。

 デザインは第18回卒業生の藤田正人さん(53)=植村土建勤務=が手掛けた。かつて漫画家を志した藤田さんは,東京の専門学校でデザインを学び,卒業後の2年半,アシスタントとして漫画の背景などを描いていた腕を買われた。「若い人が夢を持って,将来に向かって羽ばたいてほしい」というイメージでデザインしたという。

-略-

(佐々木健通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月04日8時30分の記事の記事

JICA研修員が帯広農業高を訪問

アルバニアの農家W
参考写真アルバニアの農家
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%82%A2

 農業後継者を育成する教育を学ぼうと, 国際協力機構(JICA)の研修員が, 帯広農業高校を訪問 し,実習施設などを視察しました。
 5月30日,マダガスカルやアルバニアなど7カ国の研修員11人が,実習で農業学科の生徒から指導を受け,サツマイモの苗を2種類の方法で植え付けました。

JICA交流帯広1508 (7)
JICA北海道(帯広)=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「JICA研修員が帯広農業高視察」 と伝えています。


  農業後継者を育成する教育を学ぼうと,国際協力機構(JICA)の研修員11人が,
帯広農業高校(二木浩志校長,生徒606人)を訪問し,実習施設などを視察した。

 「農民主導による普及手法~農民の自発性を高めるカリキュラム開発~(A)」コースで学ぶマダガスカルやアルバニアなど7カ国の研修員が5月30日に訪れた。

 実習では農業学科の生徒から指導を受けながら,サツマイモの苗を2種類の方法で植え付けた。各国のサツマイモの栽培方法や食べ方などについて意見交換も行い,実習後は乳牛の畜舎も見学した。

-略-

(長谷川正人) 


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月05日10時34分の記事の記事

池田高校,携帯電話マナー講習会

星槎道都大学W
参考写真:星槎道都大学札幌キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E6%A7%8E%E9%81%93%E9%83%BD%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 6月1日,池田高校では,全校生徒を対象とした 携帯電話マナー講習会 を開きました。
 星槎(せいさ)道都大学経営学部長の由水伸教授が「クイズで学ぶネットとマナー」と題し,実例を交えたネットトラブルの危険性について指導しました。

スマホ
スマートフォン=2015年8月撮影撮影

 十勝毎日新聞が,「ネットトラブルの危険性学ぶ 池田高校」 と伝えています。


 【池田】池田高校(鶴喰優校長,生徒201人)は1日,同校で全校生徒を対象とした携帯電話マナー講習会を開いた。星槎道都大学経営学部長の由水伸教授が「クイズで学ぶネットとマナー」と題し,実例を交えたネットトラブルの危険性を説いた。

 由水教授はツイッターやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への安易なつぶやきが原因で炎上するまでの経緯を紹介。「ネットへの投稿は皆が見ることができるという認識を持つのが大切」とし,「アカウントの検索で個人が簡単に特定されるので気をつけなければ」と注意を呼び掛けた。

-略-

(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月04日10時00分の記事の記事

新得高校,地域のごみ拾い

新得駅1508 (25)
JR新得駅=2015年8月撮影

 5月29日,新得高等学校の生徒が, 校外清掃活動 を行いました。
 地域貢献の一環で,JR新得駅から学校までの通学路や,市街地など3コースに分かれて空き缶やペットボトルなどを拾い集めました。

新得高校1408 (3)
新得高校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「ごみ拾いで地域貢献 新得高生徒」 と伝えています。


 【新得】新得高等学校(岩田努校長,生徒37人)の生徒が5月29日,校外清掃活動を行った。

 地域貢献の一環で,毎年この時期に行っている取り組み。JR新得駅から学校までの通学路や,市街地など3コースに分かれて空き缶やペットボトルなどを拾い集めた。

-略-

(佐々木健通信員)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月04日10時00分の記事の記事

本別でラグビー交流 

本別高校1508 (3)
本別高校=2016年5月撮影

 5月28日, 第4回本別ラグビー祭 が,本別町太陽の丘ラグビー場で開かれました。
 大会は本別高校ラグビー部OBが本別ラグビーの復興を目指して2014年に始められました。
 小中学生や社会人チームから約160人の選手が参加し,社会人は本別高校OBを主体とする「本別ラガー」と,十勝の社会人チーム「十勝クラシックラガーズ」が対戦し,27対15で本別ラガーが勝ちました。

太陽の丘ラグビー場A1408
太陽の丘ラグビー場=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「160人参加しラグビー交流 本別」 と伝えています。


 【本別】第4回本別ラグビー祭(十勝クラシックラガーズ主催)が28日,町太陽の丘ラグビー場で開かれた。道東の小中学生や社会人チームから約160人の選手が参加し,交流を深めた。

 大会は本別高校ラグビー部OBが本別ラグビーの復興を目指して2014年に始めた。小学生では帯広少年ラグビースクール,美幌ラグビー少年団,遠軽ラグビースクール,スピリッツ・オブ・オホーツクジュニア(北見市)の4チームが参加し,年代別リーグ戦を行った。

-略-

 社会人は本別高校OBを主体とする「本別ラガー」と,十勝の社会人チーム「十勝クラシックラガーズ」が対戦し27対15で本別ラガーが勝った。中学生は大人も交えて練習に励んだ。

-略-

 試合終了後は,焼き肉をして懇親した。
(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年05月29日15時30分の記事の記事

池田高校,100周年記念事業協賛会が設立

P5077564.jpg
池田ワイン城=2016年5月撮影

 6月3日, 創立100周年 を来年に控え,「北海道池田高等学校創立100周年記念事業協賛会」が設立され,設立総会が,池田ワイン城のレストランで開かれました。
 池田高校は1918年,川合村立の女子実業補習学校として設立されたのが始まりで,十勝東部の伝統校として1万4000人以上の卒業生を輩出しています。
 十勝管内では2015年に100周年を迎えた帯広三条高校に次ぐ歴史があります。

池田高1605 (10)
池田高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が,「100周年記念事業協賛会が設立 池田高 会長に齊藤さん」 と伝えています。


 【池田】創立100周年を来年に控え,「北海道池田高等学校創立100周年記念事業協賛会」が3日,設立された。設立総会が同日,ワイン城のレストランで開かれ,会長には1959年卒の齊藤正観さん(76)=池田町,願慶寺住職=を選出した。

 同校は1918年,川合村立の女子実業補習学校として設立されたのが始まり。十勝東部の伝統校として1万4000人以上の卒業生を輩出している。管内では2015年に100周年を迎えた帯広三条高校に次ぐ歴史がある。

 総会では来年10月13日に記念式典を同校で,祝賀会を町田園ホールで開くことを決めた。記念誌の発行や,校内に植樹,学校備品の購入などを計画。同校OBらによる講演会や演奏会も検討する。
-略-



以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2017年06月04日20時30分の記事の記事